日本の気候変動2020 —大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書—

 文部科学省と気象庁は、日本における気候変動対策の効果的な推進に資することを目的として、日本の気候変動について、これまでに観測された事実や、今後の世界平均気温が2℃上昇シナリオ(RCP2.6)及び4℃上昇シナリオ(RCP8.5)で推移した場合の将来予測(※)をとりまとめ、2020年12月4日に「日本の気候変動2020 —大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書—」として公表しました。
 また各管区及び沖縄気象台は、上記報告書で用いた観測・予測データに基づき、各都道府県における気候変動の観測成果及び将来予測に関する情報を取りまとめたリーフレットを作成し、2022年2月から3月にかけて公表しました。

  1. それぞれ、「パリ協定の2℃目標が達成された世界(21世紀末の世界平均気温が、工業化以前と比べて0.9~2.3℃上昇する可能性が高い)」と「追加的な緩和策を取らなかった世界(21世紀末の世界平均気温が、工業化以前と比べて3.2~5.4℃上昇する可能性が高い)」であり得る気候の状態に相当します。

日本の気候変動2020

本報告書からの引用等について

 「日本の気候変動2020」本編、詳細版及び概要版の文章及び図表については、別の資料からの引用であるものを除き、出典を明記した上で、また編集・加工等を行った場合はその旨を明記した上で、自由に複製、公衆送信、翻訳・変形等を行うことができます。別の資料からの引用であるものについては、それぞれの資料で使用条件等を確認の上、利用者の責任で必要に応じて別途許諾を申請・取得してください。
 「日本の気候変動2020」本編及び詳細版の末尾には、第三者が著作権を有する図表の一覧を載せています。

【出典の記載例】

  1. そのまま利用する場合
    出典:文部科学省及び気象庁「日本の気候変動2020」
    文部科学省及び気象庁「日本の気候変動2020」より引用

  2. 編集・加工して利用する場合
    文部科学省及び気象庁「日本の気候変動2020」を基に○○株式会社作成
    図表タイトル(文部科学省及び気象庁「日本の気候変動2020」)に加筆

  1. 本報告書中の文章及び図表を編集・加工した場合、それをあたかも文部科学省及び気象庁が作成したかのような様態で公表・利用することは固く禁止します。

 なお都道府県版リーフレットからの引用等については、当該リーフレットが掲載されているページでご確認ください。

関連リンク

気候変動に関する懇談会及び「日本の気候変動2020」の公表に係る報道発表

刊行物及び広報資料

気象庁による最新の観測・解析結果

その他

Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。