火山活動の状況(焼岳)

火山:

焼岳の活動状況

噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)

最近1週間以内に発表した情報

現在の警戒事項等

 山頂付近を含む想定火口域内では、突発的に火山ガス等が噴出する可能性があります。登山する際は、火山活動の異変に注意するとともに、ヘルメットを着用するなどの安全対策をしてください。また、噴気地帯にはとどまらないでください。

噴火警報・予報(1行目をクリックすると全文表示します)

令和4年7月12日14時00分 気象庁発表

火山の状況に関する解説情報(臨時)

令和6年7月17日16時00分 気象庁発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 焼岳では、山頂付近を震源とする火山性地震が、7月3日以降減少していることから、現時点で噴火警戒レベルを引き上げる可能性は低くなっています。

火山活動の状況

 焼岳では、山頂付近を震源とする火山性地震の多い状態が続いていましたが、7月3日以降減少しています。7月7日から16日までの10日間の火山性地震の合計回数は16回となっています。火山性地震の日回数は、7月14日2回、15日2回、16日3回、本日(17日)は15時までに2回です(いずれも速報値)。
 地震回数が減少していることから、現時点で噴火警戒レベルを引き上げる可能性は低くなっています。
 一方、GNSS連続観測では、長期的に山頂付近の緩やかな膨張を示すと考えられる変化が続いており、5月末頃からその変化率に増加傾向がみられます。
 中長期的には火山活動が高まってきている可能性がありますので、今後の火山活動の推移に引き続き注意してください。
 
 今回の火山活動の状況の変化に伴い発表していた一連の火山の状況に関する解説情報(臨時)の発表はこれで終了します。

防災上の警戒事項等

 山頂付近を含む想定火口域内では、突発的に火山ガス等が噴出する可能性があります。登山する際は、火山活動の異変に注意するとともに、ヘルメットを着用するなどの安全対策をしてください。また、噴気地帯にはとどまらないでください。

最新の火山情報

一番最後に発表した情報を掲載しています。臨時で発表した火山活動解説資料のみ過去1ヵ月分を掲載しています。

過去に発表した火山情報

焼岳の噴火警戒レベル

画像をクリックすると大きくなります
噴火警戒レベルリーフレット 噴火警戒レベルリーフレット
噴火警戒レベルリーフレット[PDFファイル:480KB]

焼岳の防災マップ

画像をクリックすると大きくなります
防災マップ 防災マップ



Adobe Acrobat Reader DC

このサイトには、Adobe社Adobe Acrobat Reader DCが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ