キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

 
気象庁ロゴ火山防災連絡事務所
 トップページ  伊豆大島火山について  伊豆大島火山の情報  伊豆大島火山の監視 サイトマップ 

毎月の調査観測について





調査観測

  調査観測の目的は、火山活動の状態を把握して異常を早期に発見するとともにその活動の推移を観測して火山災

害の防止に役立てること、火山の調査研究や噴火予知の進歩に必要な観測資料を提供することにあります。


異常現象を見逃さないように平常時の火山の状態や地形・地理などの状況を把握することも重要であり、伊豆大

島火山防災連絡事務所では、月1
回の調査観測を行っています。

また、年に数回程度、大島町役場などの防災関係機関と合同で調査観測を実施しています。これは、火山観測の

内容や現地の状況を実際に見ておくことが、火山防災に有効であるからです。


 観測は主に以下の項目を行っています。これらの観測項目は、火山活動が活発になってくると噴気活動が活発

になったり、温度が上昇したり、火口内で崩落が起こったりすることに関連しています。




  • 噴気観測
    
    三原山の火口内の噴気の有無、高さ、色、量などを観測します。噴気温度を直接測定できる場所では、サーミスタ温度

   計を用いて、噴気孔の温度を測定します。
  


  • 地形の目視観測
    
    三原山とその周辺の地形の変化を目視で観測し、写真撮影を行っています。




  • 熱観測
    
    赤外放射温度計を用いて火孔底と三原新山の地表面の最高温度を観測します。また、赤外熱映像装置を用いて火孔

   底や三原新山などの三原山山頂火口内の熱異常域(周囲の地面よりも熱いところ)の温度分布を観測します。


                                                              ページの先頭に戻る

最近の調査観測結果
 
 最近の調査観測結果です。

 観測場所はこちらです。


 噴気温度時系列
 噴気温度
 赤外放射温度計時系列
 赤外放射温度

        ・噴気温度は地中-10cmの温度です。
        ・赤外放射温度計は最高温度です。

 噴気温度や地表面温度は、季節や天気によって変化しています。これらの気象の影響以外に、火山活動によると考えられる温度の大きな変化は観測されていません。


                              
                              火孔底西側写真と赤外画像
 撮影日時 可視画像 赤外画像 
2017/
1/23
2016/
2/16
2017/
3/10


   火孔壁と火孔底の境界付近に地表面温度の高い部分がありますが、温度の広がりや高さに大きな変化はありません。



 合同調査観測
                     
                      
2013423日 合同調査観測

                                                            ページの先頭に戻る

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ