キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



気候リスクへの対応

将来の気候の見通しをたてて気候リスクの軽減を目指す

どのような気候が起きたときに業務などが影響を受けやすいか、という気候リスクの評価から得られた結果を用いて、 気候リスクへ対応し気候の影響を軽減(または利用)する方法を考えます。

もしも、将来起こる気候を見通せたならば、適切な対策を適切な時期に行うことで気候の影響を軽減することができます。 もちろん将来を完全に予測することはできませんが、気候リスク軽減のために何らかの意思決定を行う場合のためには現状における最善の情報を選択する必要があります。

ここでは見通しを立てるために用いる情報として、

  • 統計値(過去の観測データ)
  • 予測値(数値予報モデルの計算結果)

を紹介します。

統計値(過去の観測データ)を使って見通しを立てる

まずは統計値を用いて見通しを立てる方法を紹介します。 過去30年、10年など一定の期間の平均値や変動の幅などを考慮して見通しを立てます。

予測値(数値予報モデルの計算結果)を使って見通しを立てる

気象庁では当日から6か月先までさまざまな気象の予測情報を作成しています。 ここでは2週間から1か月先の予測情報の利用の方法を紹介します。予測値が対象とする期間が先に延びるため、 不確実性など予測値の性質を理解して利用することが必要になります。

このページのトップへ