キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日本近海の海面水温

平成29年12月8日発表 (次回発表予定  12月20日)
気象庁地球環境・海洋部

診断(2017年12月上旬)

  • オホーツク海南部、日本海北部では、海面水温が平年より低い海域が拡大しました(図中A)。
  • 三陸沖の東経145 度付近では、海面水温が平年より2℃以上高い海域がみられます(図中B)。
  • 金華山沖、常磐沖では、海面水温が平年より低い海域が縮小し、平年より高い海域が拡大しました。(図中C)。
  • 四国沖、伊豆諸島近海、房総沖では、海面水温が平年より高くなっています(図中D)。
  • 東海沖では、海面水温が平年よりかなり低い海域が引き続きみられます(図中E)。
  • 東シナ海北部では、海面水温が平年より1℃以上高い海域が拡大しました(図中F)。
  • 東シナ海南部、先島諸島近海では、海面水温が平年より1℃以上高い海域が縮小しました(図中G)。
  • 父島近海、南鳥島近海では、海面水温が平年よりかなり高い海域が拡大しました(図中H)。

日本近海の海面水温平年差分布図(12月7日)
日本近海の海面水温平年差分布図(12月7日)

海面水温の平年値(1981〜2010年の30年間の平均値)からの差を示しています。 平年差は、図の右にある0.5℃ごとのスケールと同じ色で色分けされています。 内湾域等は、薄い灰色で示しています。また、海氷のために海面水温のデータがない海域は、灰色の網掛けで示しています。

この図の海面水温平年差は速報値です。日本近海のデータの図は、診断の発表後も、後から入手した観測値によって更新されることがあります。

解説

日本近海の海面水温

オホーツク海南部、日本海北部では、寒気の影響で、海面水温が平年より低い海域が拡大しました(図中A)。

三陸沖の東経145 度付近では、暖水渦の影響で、海面水温が平年より2℃以上高い海域がみられます(図中B)。

金華山沖、常磐沖では、平年より日射量が多く、風が弱かったため、海面水温が平年より低い海域が縮小し、平年より高い海域が拡大しました。常磐沖では、黒潮からの暖水の影響もあったとみられます(図中C)。

四国沖、伊豆諸島近海、房総沖では、黒潮による暖水の影響で、海面水温が平年より高くなっています(図中D)。

東海沖では、黒潮の大蛇行に伴う冷水渦の影響で、海面水温が平年よりかなり低い海域が引き続きみられます(図中E)。

東シナ海北部では、海面水温が平年より1℃以上高い海域が拡大しました(図中F)。

東シナ海南部、先島諸島近海では、平年より風が強く、寒気の影響を受けたため、海面水温が平年より1℃以上高い海域が縮小しました(図中G)。

父島近海、南鳥島近海では、暖かく湿った空気におおわれたため、海面水温が平年よりかなり高い海域が拡大しました(図中H)。

今後の見通し

北海道南東方、本州東方の海面水温は、向こう1か月、平年並か平年より高いでしょう。

オホーツク海南部、日本海南部、関東南東方の海面水温は、向こう1か月、平年並でしょう。

日本海北部、東海沖の海面水温は、向こう1か月、平年並か平年より低いでしょう。伊豆諸島近海では、平年より高いでしょう。

東シナ海、四国沖、沖縄の東の海面水温は、向こう1か月、平年並か平年より高いでしょう。

沖縄の南の海面水温は、向こう1か月、平年より高いでしょう。


日本近海の各海域の海面水温について

日本近海の各海域および日本海全体の海面水温を、他の診断ページにてそれぞれ解説しています。 ページ下部の「関連情報」のリンクより、各海域の診断ページをご覧下さい。

海面水温の診断にあたって

  • 1981〜2010年の30年間に出現した海面水温の上位1/3以上を「平年より高い」、下位1/3以下を「平年より低い」とし、それらを除いた中央1/3の範囲を「平年並」としています。また、上位(下位)1/10以上(以下)を「平年よりかなり高い(低い)」としています。

関連情報

海洋の知識

データ

関連する診断

このページのトップへ