キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

UVインデックスとは

 近年、紫外線を浴びすぎると皮膚がんや白内障になりやすいことが明らかになっています。 さらに「オゾン層破壊」によって地上に到達する紫外線が増加していることから、世界保健機関(WHO)ではUVインデックス(UV指数)を活用した紫外線対策の実施を推奨しています。 UVインデックスとは紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したものです。 国内では環境省から「紫外線環境保健マニュアル」が刊行され、この中でもUVインデックスに応じた紫外線対策の具体的な例が示されています。
 気象庁では、日々の紫外線対策を効果的に行えるように、UVインデックスを用いた「紫外線情報」を提供しています。

 紫外線の特性などについての解説は、「紫外線の性質」 をご覧ください。
 UVインデックスの算出方法を詳しく知りたい方は、「UVインデックスを求めるには」 をご覧ください。
 UVインデックスは世界共通の指標です。海外でも現地のUVインデックスの情報を利用することにより、適切な紫外線対策を行うことができます。

UVインデックスに応じた紫外線対策
UVインデックスに応じた紫外線対策(参考:環境省「紫外線環境保健マニュアル」)
環境省「紫外線環境保健マニュアル」(PDF形式:1.4MB)はこちらをご覧ください。


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ