キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

紫外線の性質

 太陽から地球に到達した紫外線は、大気を進む間に、成層圏オゾン、空気分子、エーロゾル(大気中の浮遊微粒子)、雲などによる吸収や散乱の影響を受けて、しだいに減衰します。そのため、地上での紫外線強度は、上空のオゾン量やエーロゾル量、雲の状態により変化するとともに、大気の通過距離を決める太陽高度角や標高によっても変化します。
 下の図は、札幌市と那覇市での日最大UVインデックスの平年値と1年間の毎日の値を示したものです。季節変化や日々大きく変化する様子がわかります。これらの変化は、太陽高度角、オゾン量、雲、エーロゾル量などの要素の変化に伴うものです。これらの要素との関係など、紫外線の特徴を下記の各ページで説明しています。


札幌市の日最大UVインデックスの年変化 那覇市の日最大UVインデックスの年変化

札幌市と那覇市の2012年の日最大UVインデックスの推移。
1991~2011年の日最大UVインデックスの平均値を黒線で示します。


このページのトップへ