キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



世界の異常気象速報(臨時)


世界の異常気象や気象災害のうち、顕著な事例について、その状況等を速報としてまとめた情報です。

過去に発表した情報は、以下のページからご覧になれます。
中国の長江中・下流域での大雨について
発表日平成28年7月19日
概要 中国の長江中・下流域では、4月から7月中旬までの積算降水量が最近の20年間でもっとも多くなっており、中国政府によると7月8日までに洪水や土砂災害による死者が160人以上となったと伝えられている。
気象実況
(分布図)
気象実況分布図_01
降水量分布図(特に降水量が多かった6月21日~7月18日の積算)。単位mm。各国気象局の通報に基づき、気象庁で作成。
長江中・下流域の多いところでは、この期間の降水量の積算が800mmを超えた。フーペイ(湖北)省ウーハン(武漢)では700mmを超え、7月の平年値(236.0mm)と比べて約3.0倍となった。
気象実況
(時系列図)
気象実況時系列図_01
長江中・下流域の積算降水量(4月1日~8月31日)。単位mm。中国気象局の通報に基づき、気象庁で作成。降水量分布図赤枠内にある長江中・下流域の51観測地点で平均した積算降水量。
各折れ線グラフ(実線)は1997年以降の各年4月1日からの積算降水量(2016年は7月18日まで)で、赤色が2016年、紺色が1998年、緑色が1999年、灰色がその他の年を示す。点線は1997年から2015年までの19年間の平均値。
4月以降、長江中・下流域の積算降水量は高い値で推移し、6月下旬以降は大規模な洪水が発生した1998年と比べて著しく大きな値となっている。
見通し 中国気象局が7月18日に発表した予報によると、21日にかけて長江流域で大雨が見込まれている。
(参考) 中国気象局が発表した降水予報は以下のURLで見ることができる。
http://www.nmc.cn/publish/bulletin/mid-range.html

このページのトップへ