キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



世界の異常気象速報(臨時)


世界の異常気象や気象災害のうち、顕著な事例について、その状況等を速報としてまとめた情報です。

過去に発表した情報は、以下のページからご覧になれます。
ヨーロッパ中部からロシア西部にかけての顕著な寒波について
発表日平成29年1月11日
概要 ヨーロッパ中部からロシア西部では、1月6日から10日頃にかけて強い寒気の影響を受け、気温が平年に比べて低くなった。ヨーロッパでは10日までに20人以上が死亡したと伝えられた(欧州委員会)。
気象実況
(分布図)
気象実況分布図_01
日平均気温平年差の分布図(1月6日~1月10日の5日間平均)
単位℃。各国気象局の通報に基づき、気象庁で作成。
ヨーロッパ中部からロシア西部にかけての広い範囲では、平年に比べて8℃以上気温が低く、特にベラルーシからロシア北西部では、平年に比べて12℃以上低い範囲が広がった。
気象実況
(時系列図)
気象実況時系列図_01
気象実況時系列図_02
気象実況時系列図_03
a モスクワ(ロシア)、b プラハ/ルジニェ国際空港(チェコ)、c ブカレスト(ルーマニア)の気温の時系列図(1月1日~1月10日)
赤実線:日最高気温、緑実線:日平均気温、青実線:日最低気温、緑点線:日平均気温平年値。単位℃。各国気象局の通報に基づき、気象庁で作成。
地図中のアルファベットは、気象実況(時系列図)、および気象実況(各国の主な地点における気温の表)で示された地点を表す。
モスクワでは1月7日に日最低気温-29.9℃、日平均気温は-27.2℃となった(平年値-6.2℃に比べて21.0℃低かった)。
プラハでは、1月7日に日最低気温-16.2℃、日平均気温は-11.9℃となった(平年値-1.3℃に比べて10.6℃低かった)。
ブカレストでは、1月10日に日最低気温-21.7℃、日平均気温は-13.1℃となった(平年値-1.9℃に比べて11.2℃低かった)。
気象実況
(各国の主な地点における気温の表)
  1月6日 1月7日 1月8日 1月9日 1月10日 1月の月平均気温平年値
平均 最低 平均 最低 平均 最低 平均 最低 平均 最低
a モスクワ
(ロシア)
-25.0 -25.8 -27.2 -29.9 -25.2 -28.6 -20.6 -25.5 -9.4 -15.6 -6.5
b プラハ/ルジニェ国際空港
(チェコ)
-9.1 -10.1 -11.9 -16.2 -5.8 -8.7 -2.5 -5.1 -4.9 欠測 -1.4
c ブカレスト
(ルーマニア)
-3.1 -5.2 -9.6 -10.5 -11.7 -13.0 -12.6 -18.0 -13.1 -21.7 -1.7
d ミンスク
(ベラルーシ)
-19.8 -20.3 -23.1 -25.1 -20.3 -24.9 -16.5 -21.1 -12.1 -17.5 -4.4
e ワルシャワ/オケンツィエ
(ポーランド)
-12.9 -15.4 -15.6 -19.3 -13.3 -18.4 -9.6 -12.0 -8.2 -12.3 -1.9
f ウィーン/HOHE WARTE
(オーストリア)
-5.7 -7.1 -7.4 -9.7 -6.4 -7.5 -3.7 -7.4 -6.3 -8.1 0.4
g ブダペスト
(ハンガリー)
-6.9 -8.3 -11.8 -14.0 -11.8 -16.6 -8.2 -14.6 -9.2 -12.4 -0.4
h チューリッヒ国際空港
(スイス)
-8.9 -13.6 -9.8 -14.9 -2.3 -5.4 -1.4 -3.0 -1.0 -2.2 無し
i ソフィア
(ブルガリア)
-6.3 -12.2 -13.6 -15.6 -13.3 -15.6 -11.1 -12.8 -12.0 -13.2 -0.7
j ナポリ/カポディキーノ
(イタリア)
1.5 0.7 -0.2 -2.7 0.1 -5.7 欠測 -1.2 3.4 -0.9 無し
各国の主な地点における日平均気温と日最低気温(1月6日~1月10日)
単位℃。各国気象局の通報に基づき、気象庁で作成。
見通し 気象庁の数値予報モデルの予測によると、ヨーロッパ中・東部では、今週末から来週前半にかけて、再び寒気が南下して平年より気温が低くなる見込みとなっている。
※この見通しは、ヨーロッパの個別の国を対象とするものではありません。個別の国の天候の見通しについては、当該国の気象局等が発表する予報をご覧ください。

このページのトップへ