キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



世界の年ごとの異常気象 ------------------ 対象期間:

主な天候の特徴・気象災害

天候の特徴気象災害

概況

 年平均気温は、世界の陸上の広い範囲で平年より高く、アラスカからシベリア北西部、東アジア南部、ミクロネシアから東南アジア中部、南アジア西部、ヨーロッパから中東、東アフリカ南部及びその周辺、米国西部から南東部、中米から南米東部、オーストラリアなどで平年より非常に高かった。カナダ東部から米国北部は平年より低く、中央アジア北東部及びその周辺では平年より非常に低かった。異常高温は北半球の夏を中心に世界各地で発生し、特に、ヨーロッパや東アジア、米国南西部などでは夏に記録的な高温となった。夏(6~8月)の3か月平均気温は、東日本、韓国、中国、米国南西部では、夏としてはそれぞれ観測史上最も高かった。
 年降水量は、モンゴルから中国北部、中央アジア東部から中部、中東北東部から北アフリカ東部、ヨーロッパ南部から北アフリカ北西部、米国北東部から南部などで平年より多く、中央アジア西部、南アジア北西部から中東南部、、オーストラリア南東部などで平年より少なかった。ヨーロッパでは中部で異常少雨となる一方、南部で異常多雨となる月が多かった。
 2018年に発生した主な異常気象・気象災害は以下のとおり。気象災害の記述は米国国際開発庁海外災害援助局とルーベンカトリック大学災害疫学研究所(ベルギー)の災害データベース(EM-DAT)や各国の政府機関・国連の発表等に基づき、人的被害や経済的損失の大きさ、地理的広がりを考慮して取り上げている。

異常気象の種類地域概況
1高温(1〜4、9〜10月)アラスカ西部〜東シベリア東部
  • アラスカ西部から東シベリア東部では、1〜4、9〜10月に異常高温となった。
  • 東シベリア北東部のウエレン:1〜3月の3か月平均気温−11.3℃(平年差+8.9℃)。
  • 東シベリア北東部のアナディリ:4月の月平均気温−6.7℃(平年差+6.1℃)。
  • 米国のアラスカ州コツェビュー:9〜10月の2か月平均気温5.0℃(平年差+4.2℃)。
  • 米国アラスカ州の10月の月平均気温は、10月としては1925年以降で最も高かった(米国海洋大気庁)。
2高温(6、8、10月)東シベリア北西部〜中央シベリア北西部
  • 東シベリア北西部〜中央シベリア北西部では、6、8、10月に異常高温となった。
  • 中央シベリア北部のハタンガ川:6月の月平均気温14.0℃(平年差+8.2℃)。
  • 東シベリア西部のジガンスク:8月の月平均気温15.7℃(平年差+3.9℃)。
  • 中央シベリア東部のオレニョク:10月の月平均気温−2.9℃(平年差+8.4℃)。
3低温(1、9、12月)モンゴル南西部〜中国北西部
  • モンゴル南西部〜中国北西部では、1、9、12月に異常低温となった。
  • 中国のシンチアン(新疆)ウイグル自治区ウルムチ(烏魯木斉):1月の月平均気温−16.4℃(平年差−4.4℃)。
  • 中国の(新疆)ウイグル自治区ルオチャン(若羌):9月の月平均気温17.4℃(平年差−2.7℃)。
  • モンゴル西部のアルタイ:12月の月平均気温−21.8℃(平年差−6.7℃)。
4多雨(1、7〜9月)モンゴル中部及びその周辺
  • モンゴル中部及びその周辺では、1、7〜9月に異常多雨となった。
  • モンゴル中部のツェツェルレグ:1月の月降水量11mm(平年比611%)。
  • モンゴル西部のウリヤスタイ:7〜9月の3か月降水量222mm(平年比165%)。
5高温(3〜8月)北日本〜中国北西部
  • 北日本〜中国北西部では、3〜8月に異常高温となった。
  • 中国のカンスー(甘粛)省トゥンホワン(敦煌):3月の月平均気温10.0℃(平年差+5.0℃)。
  • 中国(香港)のカオルン(九竜):5月の月平均気温27.9℃(平年差+2.1℃)。
  • 宮城県の仙台:3〜5月の3か月平均気温12.3℃(平年差+2.2℃)。
  • 中国のペキン(北京):6月の月平均気温27.1℃(平年差+2.2℃)。
  • 愛知県の名古屋:7月の月平均気温29.3℃(平年差+2.9℃)。
  • 韓国北西部のインチョン:7月の月平均気温26.6℃(平年差+2.9℃)。
  • 中国のシャントン(山東)省チンタオ(青島):8月の月平均気温27.7℃(平年差+2.4℃)。
  • 東日本及び西日本の夏(6〜8月)の3か月平均気温は、それぞれ夏としては1946年以降で1番目、2番目に高かった。また、7月23日には熊谷(埼玉県)で日最高気温が41.1℃となり、日本国内の歴代1位を更新した。
  • 韓国の夏(6〜8月)の3か月平均気温は、夏としては1973年以降で最も高かった。また、8月1日にはホンチョン(洪川)で41.0℃の日最高気温を観測し、韓国の国内最高記録を更新した(韓国気象局)。
  • 中国の夏(6〜8月)の3か月平均気温は、夏としては1961年以降で最も高かった(中国気象局)。
  • 日本では、熱中症により5月1日〜9月30日までに合計で160人が死亡した(平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況(平成30年10月25日)、消防庁)。
6大雨(6〜7月)東日本〜西日本
  • 6月28日から7月8日にかけて、活発な梅雨前線や台風第7号の影響で、西日本を中心に全国的に記録的な大雨(平成30年7月豪雨)となり、224人が死亡した(平成30年7月豪雨による被害状況等について(平成30年10月9日17:00現在)、内閣府)。
  • 高知県安芸郡馬路村の魚梁瀬:6月28日から7月8日までの総降水量1852.5mm(7月の月降水量平年値591.5mm)。
  • 岐阜県郡上市のひるがの:6月28日から7月8日までの総降水量1214.5mm(7月の月降水量平年値481.0mm)。
7高温(2、5、7〜8、10〜12月)ミクロネシア北西部〜東南アジア北西部
  • ミクロネシア北西部〜東南アジア北西部では、2、5、7〜8、10〜12月に異常高温となった。
  • ミクロネシア北西部のグアム島:2月の月平均気温27.9℃(平年差+0.9℃)。
  • フィリピン北部のカバナツアン:5月の月平均気温31.0℃(平年差+1.3℃)。
  • マレーシアのコタキナバル(ボルネオ島北部):7〜8月の2か月平均気温28.7℃(平年差+1.2℃)。
  • マレーシアのコタキナバル(ボルネオ島北部):10〜11月の2か月平均気温27.9℃(平年差+0.8℃)。
  • タイ南東部のチャンタブリー:12月の月平均気温28.5℃(平年差+2.3℃)。
8砂じん嵐・雷雨(5月)インド北部
  • インド北部では、5月の砂じん嵐や雷雨により、合計で290人以上が死亡したと伝えられた(インド政府)。
9大雨(6〜9月)インド
  • インド各地では、6月から9月の大雨により、合計で1500人以上が死亡したと伝えられた(インド政府)。
10高温(1、3、5〜6、8、11月)中央アジア南部〜南アジア南東部
  • 中央アジア南部〜南アジア南東部では、1、3、5〜6、8、11月に異常高温となった。
  • パキスタンのカラチ国際空港:1月の月平均気温21.3℃(平年差+2.3℃)。
  • ウズベキスタン東部のサマルカンド:3月の月平均気温13.9℃(平年差+3.7℃)。
  • パキスタンのカラチ国際空港:5月の月平均気温32.7℃(平年差+1.7℃)。
  • インド西部のドワールカ:5〜6月の2か月平均気温30.8℃(平年差+0.7℃)。
  • パキスタン中部のデライスマーイールハーン:8月の月平均気温34.2℃(平年差+2.6℃)。
  • パキスタンのカラチ国際空港:11月の月平均気温26.9℃(平年差+2.3℃)。
  • パキスタン南部では、5月の熱波により180人以上が死亡したと伝えられた(EM-DAT)。
11高温(2〜3、5〜6、9月)中東及びその周辺
  • 中東及びその周辺では、2〜3、5〜6、9月に異常高温となった。
  • トルコ南西部のアンタリヤ:2〜3月の2か月平均気温15.5℃(平年差+4.2℃)。
  • サウジアラビア北西部のワジュ:5〜6月の2か月平均気温31.0℃(平年差+3.3℃)。
  • イラン南西部のアバダーン:9月の月平均気温35.9℃(平年差+3.0℃)。
12高温(5、7、11月)スカンディナビア半島北部
  • スカンディナビア半島北部では、5、7、11月に異常高温となった。
  • フィンランド北部のソダンキュラ:5月の月平均気温10.2℃(平年差+4.9℃)。
  • フィンランド北東部のキルピシェルビ:7月の月平均気温15.1℃(平年差+3.6℃)。
  • ノルウェー北部のトロムス:11月の月平均気温3.7℃(平年差+4.0℃)。
13少雨(2、5〜11月)ヨーロッパ中部及びその周辺
  • ヨーロッパ中部及びその周辺では、2、5〜11月に異常少雨となった。
  • ドイツ北西部のエムデン:2月の月降水量8mm(平年比14%)。
  • スウェーデン南東部のビスビー:5月の月降水量1mm(平年比3%)。
  • フランス北部のリール:6〜7月の2か月降水量22mm(平年比16%)。
  • ドイツ北東部のポツダム:8〜9月の2か月降水量30mm(平年比27%)。
  • ドイツ北部のリスト:10月の月降水量34mm(平年比43%)。
  • ポーランド北西部のシュチェチン:11月の月降水量12mm(平年比28%)。
  • ドイツの夏(6〜8月)の3か月降水量は、夏としては1881年以降で2番目に少なかった(ドイツ気象局)。
  • フランスの9月の月降水量は、9月としては1959年以降で3番目に少なかった(フランス気象局)。
14高温(1、4〜10、12月)ヨーロッパ中部〜南部
  • ヨーロッパ中部から南部では、1、4〜10、12月に異常高温となった。
  • フランス南部のモンペリエ:1月の月平均気温11.0℃(平年差+3.9℃)。
  • ルーマニア北東部のスチャバ:4月の月平均気温14.0℃(平年差+5.1℃)。
  • スウェーデンのストックホルム:5月の月平均気温16.1℃(平年差+5.1℃)。
  • ドイツ南西部のシュトゥットガルト:6〜7月の2か月平均気温20.7℃(平年差+2.6℃)。
  • ノルウェーのオスロ:7月の月平均気温22.2℃(平年差+5.0℃)。
  • スペイン南東部のアリカンテ・ラルテート空港:7〜8月の2か月平均気温27.3℃(平年差+1.6℃)。
  • フランス南東部のニース:9〜10月の2か月平均気温21.0℃(平年差+2.2℃)。
  • スペイン中部のアビラ:12月の月平均気温6.8℃(平年差+2.8℃)。
  • ドイツの4月、5月の月平均気温は、それぞれの月としては1881年以降で最も高かった(ドイツ気象局)。
  • 英国の5月、7月の月平均気温は、それぞれの月としては1910年以降で最も高かった(英国気象局)。
  • フランスの4月、7月の月平均気温は、それぞれの月としては1900年以降で3番目に高かった(フランス気象局)。
  • スペインの9月の月平均気温は、1965年以降で最も高かった(スペイン気象局)。
15多雨(1〜6、8〜10月)ヨーロッパ南部〜北アフリカ北西部
  • ヨーロッパ南部〜北アフリカ北西部では、1〜6、8〜10月に異常多雨となった。
  • モロッコ北西部のカサブランカ:1〜4月の4か月降水量387mm(平年比210%)。
  • ギリシャ西部のカラマタ:5〜6月の2か月降水量122mm(平年比357%)。
  • チュニジアのチュニス:8月の月降水量73mm(平年比913%)。
  • アルジェリア北西部のシディベルアッベス:9月の月降水量83mm(平年比451%)。
  • スペイン東部のテルエル:10月の月降水量139mm(平年比237%)。
16高温(6、8〜9、11月)西アフリカ西部〜中部アフリカ北西部
  • 西アフリカ西部〜中部アフリカ北西部では、6、8〜9、11月に異常高温となった。
  • マリ南部のブグニ:6月の月平均気温30.2℃(平年差+2.7℃)。
  • ブルキナファソ南西部のガワ:8〜9月の2か月平均気温26.4℃(平年差+0.8℃)。
  • コンゴ共和国北部のウェッソ:11月の月平均気温25.7℃(平年差+1.0℃)。
17大雨(7〜9月)ナイジェリア
  • ナイジェリア各地では、7月から9月の大雨により300人以上が死亡したと伝えられた(ナイジェリア政府、EM-DAT)。
18大雨・トロピカル・ストーム(3〜5月)東アフリカ北部〜中部
  • 東アフリカ北部〜中部では、3月から5月の大雨や5月のトロピカル・ストーム「SAGAR」により合計で500人以上が死亡したと伝えられた(ルワンダ政府、欧州委員会、国連人道問題調整事務所)。
19高温(6、8〜9、12月)モーリシャス〜南アフリカ北西部
  • モーリシャス〜南アフリカ北西部では、6、8〜9、12月に異常高温となった。
  • マダガスカル南東部のトラナロ:6月の月平均気温23.3℃(平年差+2.6℃)。
  • モザンビーク東部のケリマネ:8〜9月の2か月平均気温25.1℃(平年差+2.4℃)。
  • モーリシャスのアガレーガ諸島:12月の月平均気温28.6℃(平年差+1.1℃)。
20多雨(2、5、8〜11月)米国北東部〜南部
  • 米国北東部〜南部では、2、5、8〜11月に異常多雨となった。
  • ニューヨーク州のニューヨーク:2月の月降水量151mm(平年比223%)。
  • ノースカロライナ州のアシュビル:5月の月降水量373mm(平年比417%)。
  • オクラホマ州のオクラホマシティ:8〜9月の2か月降水量444mm(平年比238%)。
  • テキサス州のアビリーン:10月の月降水量307mm(平年比445%)。
  • バージニア州のワシントン・ナショナル空港:11月の月降水量192mm(平年比231%)。
  • 米国南部の2月、9月の月降水量は、それぞれの月としては1895年以降で3番目に多く、米国南東部の5月の月降水量は、5月としては1895年以降で3番目に多く、米国北東部の11月の月降水量は、11月としては1895年以降で3番目に多かった(米国海洋大気庁)。
  • 米国南部、北東部、北中西部の秋(9〜11月)の3か月降水量は、それぞれ秋としては1895年以降で1番目、2番目、3番目に多かった(米国海洋大気庁)。
21高温(2、5〜9月)北米南部〜中米中部
  • 北米南部〜中米中部では、2、5〜9月に異常高温となった。
  • メキシコ北西部のエルモシージョ:2月の月平均気温19.1℃(平年差+5.4℃)。
  • 米国ルイジアナ州のレークチャールズ:5〜7月の3か月平均気温28.1℃(平年差+1.4℃)。
  • 米国フロリダ州のキーウェスト:7月の月平均気温30.5℃(平年差+1.3℃)。
  • 米国ノースカロライナ州のハタラス岬:8〜9月の2か月平均気温27.7℃(平年差+2.8℃)。
  • 米国南東部の2月、9月の月平均気温は、それぞれの月としては1895年以降で1番目、3番目に高く、米国北東部の8月、9月の月平均気温は、それぞれの月としては1895年以降で1番目、3番目に高かった(米国海洋大気庁)。
  • 米国南西部の夏(6〜8月)の3か月平均気温は、夏としては1895年以降で最も高かった(米国海洋大気庁)。
22森林火災(7〜9、11月)米国西部
  • 米国西部では、7〜9、11月に大規模な森林火災が発生した。
  • カリフォルニア州では、7月に発生した“Mendocino Complex”で約46万エーカー(約1860平方キロメートル)の面積の森林が焼失、11月に発生した“Camp Fire”で85人が死亡し、森林火災としてはそれぞれ1933年以降で州最悪の焼失面積、死者数となったと伝えられた(カリフォルニア州政府)。
23高温(6、8〜9月)ブラジル北東部
  • ブラジル北東部では、6、8〜9月に異常高温となった。
  • ブラジル東部のボンジェズスダラパ:6月の月平均気温25.9℃(平年差+1.9℃)。
  • ブラジル東部のボンジェズスダラパ:8月の月平均気温27.7℃(平年差+2.5℃)。
  • ブラジル北東部のバラドコルダ:9月の月平均気温30.2℃(平年差+2.0℃)。
24干ばつ(1〜3月)アルゼンチン北部及びその周辺
  • アルゼンチン北部及びその周辺では、1〜3月に干ばつとなり、アルゼンチンでは34億米国ドルにのぼる経済被害が発生したと伝えられた(EM-DAT)。
25高温(2、4、9月)アルゼンチン北部〜中部
  • アルゼンチン北部〜中部では、2、4、9月に異常高温となった。
  • アルゼンチン東部のロサリオ:2月の月平均気温25.4℃(平年差+2.2℃)。
  • アルゼンチン北東部のレコンキスタ:4月の月平均気温24.4℃(平年差+4.3℃)。
  • アルゼンチン中部のラボウラジェ:9月の月平均気温16.1℃(平年差+3.2℃)。
  • アルゼンチンの4月の月平均気温は、1961年以降で最も高かった(アルゼンチン気象局)。
26高温(1、3〜4、7、10〜12月)オーストラリア東部〜南部
  • オーストラリア東部〜南部では、1、3〜4、7、10〜12月に異常高温となった。
  • オーストラリア南東部のネルソン岬:1月の月平均気温19.8℃(平年差+2.6℃)。
  • オーストラリア南東部のシドニー:3〜4月の2か月平均気温22.7℃(平年差+2.5℃)。
  • オーストラリア南部のユークラ :7月の月平均気温14.1℃(平年差+1.8℃)。
  • オーストラリア北東部のウェイパ:10〜11月の2か月平均気温30.0℃(平年差+2.0℃)。
  • オーストラリア南東部のナウラ:12月の月平均気温21.8℃(平年差+2.2℃)。
  • オーストラリアの1月、4月、12月の月平均気温は、それぞれの月としては1910年以降で3番目、2番目、1番目に高く、オーストラリア東部のクイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の10月の月平均気温は、ともに10月としては1910年以降で3番目に高かった(オーストラリア気象局)。
27干ばつ(1〜9月)オーストラリア南東部
  • オーストラリア南東部では、1〜9月に干ばつとなった。
  • オーストラリア南東部の農業収益への影響は、1978年以降でみると2018年は2002〜2003年の干ばつと並んで最悪だったと伝えられた(オーストラリア政府)。
  • ニューサウスウェールズ州の1〜9月の総降水量は、同期間としては1900年以降で3番目に少なかった(オーストラリア気象局)。
年平均気温偏差規格化階級分布図

年平均気温偏差規格化階級分布図

年降水量平年比階級分布図

年降水量平年比階級分布図


異常高温・異常低温出現頻度分布図

異常高温・異常低温出現頻度分布図

異常多雨・異常少雨出現頻度分布図

異常多雨・異常少雨出現頻度分布図

このページのトップへ