キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

世界の年平均気温

世界の年平均気温の偏差の経年変化(1891〜2015年)

 2015年の世界の年平均気温(陸域における地表付近の気温と海面水温の平均)の1981〜2010年平均基準における偏差は+0.42℃(20世紀平均基準における偏差は+0.78℃)で、1891年の統計開始以降、最も高い値となりました。世界の年平均気温は、長期的には100年あたり約0.71℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっています。



細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均、直線(赤):長期的な変化傾向。基準値は1981〜2010年の30年平均値。



世界の年平均気温の変化傾向

 前節では、世界全体で平均した年平均気温に対する変化傾向を示しましたが、この節は、緯度経度ともに5度で区切った領域ごとに変化傾向を算出した結果を示します。1891〜2015年の期間における長期的な変化傾向を見ると、気温上昇は世界全体で起きていることが分かります。上昇の割合は世界で一様ではなく、海上より陸上の方が大きくなっています。特に、北半球の緯度の高い地域ほど大きくなっています。次の図は、観測データが広い範囲で揃い始める1979年以降の変化傾向について示しています。短期的な統計では地域的な変動が現れやすいために一部の格子で下降傾向がみられますが、ほとんどの地域で上昇傾向となっています。これらの2つの期間を比べると、1979〜2015年の変化傾向の方が多くの地域で大きいことから、世界的に近年の気温上昇が著しいことが分かります。



参考