キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日本海固有水

平成29年3月21日発表(次回発表予定 平成30年3月20日)
気象庁地球環境・海洋部

診断(2016年)

大和海盆及び日本海盆東部において、深さ2000mの日本海固有水の長期変化は以下のとおりです。

1990年代以降、

  • 水温は上昇(10年あたり0.02℃)しています。
  • 溶存酸素量は減少(10年あたり7~9μmol/kg)しています。

水温の上昇と溶存酸素量の減少の原因は、日本海固有水の形成域(日本海北西部の大陸に近い海域)において、冬季の気温が著しく低い(海面冷却が強い)年の頻度が減っていることで、深層に達する沈み込みが起こりにくくなり、低温で酸素が豊富な新しい日本海固有水が形成されにくい状態が続いていることが考えられます。

日本海固有水の時系列

深さ2000mの日本海固有水の水温(上)と溶存酸素量(下)の時系列
(時系列データ:水温[テキスト形式:2KB]溶存酸素量[テキスト形式:2KB]

左図の薄い灰色で示した部分は、水深が2000mより浅い海域を示します。
水温は、水圧による水温上昇分を除いたポテンシャル水温で表します。
溶存酸素量の単位μmol/kgは、海水1kg中に含まれる酸素の物質量をμmol(マイクロモル)で表したものです(溶存酸素量)。

解説

気象庁では、日本海盆から大和海盆にかけての4観測点(上図)における深さ2000mの水温と溶存酸素量を指標にして、日本海固有水の長期変化について監視を行っています。
大和海盆南西部、日本海盆東部においては、それぞれ1965年、1975年から観測データが蓄積され、日本海固有水に長期的な水温の上昇と溶存酸素量の減少がみられます。また、1993年から観測データがある大和海盆北東部、2006年から観測データがある日本海盆北東部においても、大和海盆南西部、日本海盆東部と同様の傾向にあることから、これらの変化は日本海盆東部から大和海盆にかけての広い範囲で起きている現象であると考えられます。データ期間の短い日本海盆北東部を除いた3観測点では、1990年代以降の深さ2000mにおける水温の上昇率は10年あたり0.02℃、溶存酸素量の減少率は10年あたり7~9μmol/kgです。
この原因としては、日本海固有水の形成域(日本海北西部の大陸に近い海域)において、冬季の気温が著しく低い(海面冷却が強い)年の頻度が減っていることで、深層に達する沈み込みが起こりにくくなり、低温で酸素が豊富な新しい日本海固有水が形成されにくい状態が続いていることが考えられます。日本海固有水の長期変化の状況については、気候変動に関する政府間パネル第4次評価報告書(IPCC,2007)でも報告されており、日本海固有水は他の海洋と隔離された閉鎖的な海盆に存在しているために、地球温暖化の影響を受けやすいことが指摘されています。

関連情報

海洋の知識

データ

この海域の他の診断

各種資料

このページのトップへ