キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日本沿岸の潮位の年概況

平成30年2月20日発表(次回発表予定 平成31年2月20日)
気象庁地球環境・海洋部

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震で観測機器の破損や地盤の変動が大きかった東北地方の地点(青森県八戸~福島県小名浜)については、診断での利用を終了または休止しています。
また、それ以外の地点においても、潮位観測値に地盤の変動の影響が含まれている可能性があります。

下関は、所管機関が国土交通省港湾局へ変更になり、名称が弟子待検潮所となりましたが、観測は同一地点で続けており、診断への利用を継続しています。

月平均潮位

2017年の月平均潮位と最近5年間(2012~2016年)の同月の平均値との差(ΔH)を図に示します。各月の特徴は以下のとおりです。なお、ΔHの区分は次のとおりです。

甚だ高い +20cm ≤ ΔH
かなり高い +10cm ≤ ΔH < +20cm
やや高い +5cm ≤ ΔH < +10cm
例年並 -5cm ≤ ΔH < +5cm
やや低い -10cm ≤ ΔH < -5cm
かなり低い -20cm ≤ ΔH < -10cm
甚だ低い ΔH < -20cm

1月

三宅島、種子島、奄美地方、沖縄本島地方および八重山地方の沿岸でかなり高く、伊豆大島、北陸から九州南部の東シナ海側にかけての沿岸でやや高い状態でした。一方、父島と南大東でやや低い状態でした。

2月

北日本、北陸地方から九州北部地方にかけての日本海側、関東地方、東海地方の一部、瀬戸内海の一部、種子島から八重山諸島にかけての沿岸で、かなり~やや高い状態でした。一方、三宅島ではかなり低い状態でした。

3月

南大東島でかなり高く、八重山地方ではかなり~やや高い状態でした。また、父島、瀬戸内海東部、九州南部・奄美の一部の沿岸でやや高い状態でした。一方、三宅島でかなり低い状態でした。

4月

南大東島でかなり高い状態でした。また、父島、奄美、石垣島でやや高い状態でした。一方、三宅島でかなり低い状態でした。

5月

南大東島でやや高い状態でした。 一方、三宅島で甚だ低い状態でした。また、西日本太平洋側や九州地方の東シナ海側ではかなり低く、東日本太平洋側でやや~かなり低く、東北から九州にかけての日本海側ではやや低い状態でした。

6月

三宅島、父島でかなり高く、八重山地方でやや高い状態でした。一方、南大東島で甚だ低い状態でした。また、紀伊水道から瀬戸内海東部の沿岸でかなり~やや低い状態でした。

7月

父島で甚だ高く、西日本の沿岸でかなり~やや高い状態でした。また、北海道地方、北陸地方、東海地方の一部沿岸、伊豆大島及び南大東島でやや高い状態でした。一方、沖縄本島地方、八重山地方でかなり~やや低く、三宅島、奄美地方でやや低い状態でした。

8月

南大東島で甚だ高く、父島でかなり高い状態でした。また、紀伊半島東部の沿岸でかなり~やや高い状態でした。一方、三宅島で甚だ低く、沖縄本島地方でかなり低い状態でした。また、九州西岸、津軽海峡沿岸でやや低い状態でした。

9月

三宅島でかなり高く、石垣島でやや高い状態でした。一方、紀伊水道と瀬戸内海東部でやや~かなり低く、父島でやや低い状態でした。

10月

三宅島で甚だ高く、沖縄地方の沿岸でかなり高く、東海地方の沿岸でかなり~やや高く、九州南部・奄美地方の沿岸 、父島でやや高い状態でした。一方、北海道地方の沿岸ではかなり~やや低く、東北地方の沿岸ではやや低い状態でした。

11月

西日本の広い範囲の沿岸および北陸地方の沿岸で、かなり~やや低い状態でした。また、津軽海峡沿岸、関東地方の一部の沿岸、南大東島地方、沖縄本島地方、八重山地方の一部の沿岸でやや低い状態でした。

12月

西日本の広い範囲の沿岸および北陸地方の沿岸で、かなり~やや低い状態でした。また、津軽海峡沿岸、関東地方の沿岸、南大東島、沖縄本島地方、八重山地方の一部の沿岸でやや低い状態でした。

月平均潮位偏差分布

2017年の月平均潮位と最近5年間(2012~2016年)の各月の平均値との差(ΔH)


は例年より高いことを、は例年より低いことを示します。

白黒の図はこちら


2011年3月11日に発生した平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う津波によって潮位観測施設が被害を受け、2015年3月16日まで従前の観測点と場所が異なる臨時観測点で観測を行っていた宮古は、2017年3月までグラフに掲載していません。

高潮

2017年に最大潮位偏差50cm以上の高潮は16回発生しました。大きな潮位偏差を記録した地点及び最大潮位偏差と主な要因は次のとおりです。なお、同一現象により発生した最大潮位偏差50cm以上の高潮が5地点を超えた場合は、潮位偏差の大きい上位5地点及び最大潮位偏差50cm以上の高潮を記録した全地点数を記載します。*は当該現象時に欠測があったことを示します。

1月8~9日

三宅島(坪田)55cm(低気圧)

1月14~15日

能登75cm(冬型気圧配置)

1月20~21日

能登72cm、舞鶴53cm(低気圧及び冬型気圧配置)

2月6日

能登50cm(冬型気圧配置)

2月10~11日

能登56cm(低気圧及び冬型気圧配置)

2月20~21日

能登73cm、境66cm、浜田66cm、東京57cm、舞鶴53cm等、計6地点(低気圧及び冬型気圧配置)

2月23日

御坊51cm(低気圧)

4月17~19日

能登83cm、大阪56cm、松山51cm、釧路51cm(低気圧)

7月4日

宇和島62cm、大浦50cm(台風第3号)

8月4~7日

御坊105cm、名古屋69cm、赤羽根69cm、種子島63cm、室戸岬62cm等、計8地点(台風第5号)

8月31日~9月2日

三宅島(坪田)52cm、父島51cm(台風第15号)

9月17~19日

御坊149cm、神戸106cm、名古屋104cm、大阪95cm、淡輪81cm等、計28地点(台風第18号及び台風第18号から変わった低気圧)

10月21~23日

三宅島(坪田)186cm、赤羽根162cm、布良155cm、舞阪146cm、南大東133cm等、計35地点(台風第21号及び台風第21号から変わった低気圧)

10月28~30日

奄美95cm、油津80cm、種子島76cm、土佐清水70cm、枕崎69cm等、計35地点(台風第22号及び台風第22号から変わった低気圧)

11月11日

能登65cm、稚内64cm(低気圧及び冬型気圧配置)

12月25~27日

能登64cm、稚内60cm、赤羽根52cm、小樽50cm(低気圧及び冬型気圧配置)

津波

2017年に観測された津波は次のとおりです。なお、津波の高さとして、津波情報で使用されている「最大の高さの波」(津波がなかったとした場合の海面からの高さが最大となる波)を掲載します。

2017年は全振幅5cm以上の津波は観測されておりません。

異常潮位

2017年に記録された顕著な異常潮位は、次のとおりです。

8月上旬~8月下旬

大東島地方の沿岸で、海水温が周囲に比べて高く、海面の盛り上がりを伴う「暖水域」が接近したことが原因とみられる異常潮位が観測されました。最大で+43cmの潮位偏差を観測しました。

副振動

2017年に観測された最大全振幅が100cm以上の顕著な副振動は、次のとおりです。

8月9日

長崎148cm

10月22~23日

南大東118cm、御坊105cm、三宅島(坪田)100cm

関連情報

海洋の知識

データ

その他の診断

過去の診断

このページのトップへ