キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

臨時診断表 東シナ海、日本海南部などで記録的に高い海面水温

平成28年8月24日発表
気象庁地球環境・海洋部

診断

 東シナ海、日本海、日本の南、沖縄の南では、8月上旬から中旬にかけて、海面水温が平年よりかなり高い状態となりました。
 特に、東シナ海北部、日本海南部の8月中旬の旬平均海面水温は、解析値のある1982年以降で年間を通して最も高い水温となりました。

日本近海の旬平均海面水温分布図(2016年8月中旬) 日本近海の旬平均海面水温平年差分布図(2016年8月中旬)

図1 日本近海の旬平均海面水温分布図(左)、同平年差分布図(右)(2016年8月中旬)

平年差は海面水温の平年値(1981〜2010年の30年間の平均値)からの差。この図の海面水温は速報値で、後から入手した観測値によって更新されることがあります。

解説

海面水温の状況

   東シナ海北部、日本海、日本の南では、8月上旬から中旬にかけて、平年より風が弱く、日射量が多かったため、海面水温が平年よりかなり高い状態となりました(図1図2)。東シナ海南部、沖縄の南では、7月下旬から海面水温が平年よりかなり高い状態が続いています。東シナ海、沖縄の南では、海面水温が31℃を超える海域がみられるようになりました。
   特に、東シナ海北部、日本海南部の8月中旬の旬平均海面水温(※1)は、それぞれ30.6℃、28.4℃、平年差は+3.0℃、+2.7℃で、解析値のある1982年以降で年間を通して最も高い水温となりました()。これらの海域では、下降気流が強く高気圧に覆われやすかったことが影響したとみられます。大気の状況の詳細については、報道発表資料「平成28年(2016年)8月の顕著な天候と海面水温について」(平成28年8月24日発表)をご覧ください。

※1 2016年の海面水温値は速報値です。

今後の見通し

   東シナ海、日本海、日本の南、沖縄の南の海面水温は、9月中旬まで、平年より高いか、かなり高い状態が続くことが見込まれますが、台風第10号の影響を受ける海域では、海面水温が大きく低下すると考えられます。


なお、最新の状況や今後の見通しは、日本近海の海面水温、海面水温・海流1か月予報をご覧ください。

日本海北部の海面水温平年差時系列 日本海南部の海面水温平年差時系列
海域1 日本海北部
海域3 日本海南部
東シナ海北部の海面水温平年差時系列 四国・東海沖の海面水温平年差時系列
海域5 東シナ海北部
海域6 四国・東海沖
東シナ海南部の海面水温平年差時系列 沖縄の東の海面水温平年差時系列
海域8 東シナ海南部
海域9 沖縄の東
沖縄の南の海面水温平年差時系列 海域図
海域10 沖縄の南
日本近海の海域区分

図2 海面水温平年差時系列図(2016年7月〜8月)

右下の図に示した海域で平均した海面水温平年差の時系列です。緑線が実況を、濃い青は平年並の範囲を、薄い青は平年より高い/低い範囲を、白い領域は平年よりかなり高い/かなり低い範囲を示します。実況値は速報値です。

表:日本近海海域1〜10(※1)の8月上旬、中旬の旬平均海面水温の順位(※2、※3)
各海域の左側の列が年を、右側の列が水温(℃)を示しています。
2016年の値を薄い赤色で示しています。また、これまでの年間を通しての最高水温を2016年に更新したところを青色の数字で示しています。

8月上旬
順位海域1海域2海域3海域4海域5海域6海域7海域8海域9海域10
日本海北部北海道南東方日本海南部本州東方東シナ海北部四国・東海沖関東南東方東シナ海南部沖縄の東沖縄の南
1位199424.0198420.6201627.5199427.0201629.5200829.4201529.1201630.0199129.8201630.6
2位198423.5199420.1199427.3198426.9200429.0200129.3199929.1200129.7200129.7198330.4
3位201623.2201620.0200127.2199926.7200128.8201529.0200828.6200429.7200829.7199830.3
4位201323.1201519.9201227.2200026.7199428.8201328.8199128.3200729.5199529.6201330.2
5位201523.0198919.8198427.2201526.7201328.6199428.8200028.3201329.5199829.5200730.2
6位200419.8199028.6200329.5201329.5
7位200019.8201629.5

8月中旬
順位海域1海域2海域3海域4海域5海域6海域7海域8海域9海域10
日本海北部北海道南東方日本海南部本州東方東シナ海北部四国・東海沖関東南東方東シナ海南部沖縄の東沖縄の南
1位201324.6199921.5201628.4199427.5201630.6201329.7199928.8201630.0199830.2199830.5
2位201624.4198420.5199428.0199927.4201329.4201629.7199528.7201329.8201630.1200130.2
3位199424.3199420.5201328.0198426.9200428.8199829.2200728.6200129.7199530.0201630.2
4位200623.9201620.4198428.0201026.3199028.6200829.1198428.5199829.6201330.0201330.0
5位198423.9198920.2200127.2200126.0200628.5199529.1200828.5200329.3199129.7201029.8
6位201023.9199528.5
※1:図2右下の海域区分を示しています。
※2:この表の2016年の値は、速報値です。後から入手した観測値によって値が変更されることがあります。
※3:解析値のある1982年以降の35年間の順位です。

関連情報

海洋の知識

データ

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ