キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

臨時診断表 2014/2015年海氷期のオホーツク海の海氷域面積

平成27年2月19日発表
気象庁地球環境・海洋部

診断(2014/2015年)

オホーツク海の海氷域面積は、2015年2月10日以降、この時期としては1971年の統計開始以来最小で推移しています。

2015年2月15日のオホーツク海の海氷域
2015年2月15日のオホーツク海の海氷域(白い部分)
赤い線は平年の海氷縁の位置を示す。


2014/2015年海氷期のオホーツク海の海氷域面積の推移
2014/2015年海氷期のオホーツク海の海氷域面積の推移
赤線は今季の海氷域面積、ピンクの線は平年の海氷域面積、影の部分は「平年並」の範囲、青線は過去最大・最小を示す。


海氷域面積減少要因の模式図
海氷域面積減少要因の模式図


解説

2014/2015年海氷期のオホーツク海の海氷域面積の推移

オホーツク海では、2014年11月以降、北部を中心に気温が平年より高く経過したため、海氷域面積はおおむね平年より小さく経過しました。 1月から2月にかけては、平年では海氷域が拡大する時期ですが、今季は海氷域の拡大ペースが遅く、更に2月に入り海氷域面積が減少しました。そのため、2015年2月10日以降の海氷域面積は、この時期としては1971年の統計開始以来最小で推移しています。2月15日の海氷域面積は、50.19万平方キロメートルで、平年(101.61万平方キロメートル)の半分以下となっています。

海氷域面積が減少した要因として、2月10日から15日頃にかけ、千島近海に低気圧が停滞し、オホーツク海に暖かい東よりの風が入りやすく、海氷が西側に吹き寄せられたこと、海氷が融解したことが挙げられます。

その他

気象庁では、オホーツク海の海氷の状況について定期診断を発表しています。最新の状況については、こちらをご覧ください。
定期診断:オホーツク海の海氷分布(実況)

関連情報

海氷の知識

データ

海氷の他の診断

このページのトップへ