キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



ラニーニャ現象発生時の世界の天候の特徴

ラニーニャ現象は世界の天候に様々な影響を及ぼします。ここでは、統計期間1958年~2012年(冬は1958/59年~2012/13年)のデータを用いて、ラニーニャ現象の発生時に現れた世界の天候の特徴を、季節(北半球での )ごとにまとめました。

各月を中心とした3か月間の平均の特徴については、下のリンク“詳細版(月ごとの3か月平均図)を見る”からご覧になれます。調査方法の詳細については、下のリンク“調査方法について”をご覧ください。なお、以下の結果は統計的な調査の結果であり、そのすべてがラニーニャ現象によって引き起こされているとは限りません。

ラニーニャ現象発生時の3〜5月(北半球の春)の天候の特徴

気温は、 東シベリア西部、地中海東部沿岸部で高温傾向が見られます。マレーシア~インド南部、マダガスカル北部付近、ベーリング海~アラスカ湾周辺、南米西部~中部太平洋熱帯域で低温傾向が見られます。
降水量は、 ブラジル北部、オーストラリア中部、オーストラリア南西部で多雨傾向が見られます。

ラニーニャ現象発生時の世界の3月から5月にかけての気温と降水量の傾向の分布図
図1 ラニーニャ現象発生時の3〜5月(北半球の春)の天候の特徴

ラニーニャ現象の発生時に、平均気温の「高い(低い)」割合、及び降水量の「多い(少ない)」割合が統計期間(1958年~2012年)の気候的出現率よりも、信頼度水準90%以上で有意に大きい領域を、それぞれ「高温(低温)」、「多雨(少雨)」としてまとめて分布図に示しています。

ラニーニャ現象発生時の6〜8月(北半球の夏)の天候の特徴

気温は、 ヨーロッパ東部、米国北東部付近、ポリネシア南部~オーストラリア北東部で高温傾向、中央シベリア南西部付近、フィリピン南部~インド南部、スーダン付近、アラスカ湾周辺、中米南部~南米南部~中部太平洋熱帯域で低温傾向が見られます。
降水量は、 パキスタン付近、スカンディナビア半島北部、ベネズエラ付近で多雨傾向が見られます。中央アジア、ロシア北西部付近、米国中部、ハワイ諸島~ミクロネシアで少雨傾向が見られます。

ラニーニャ現象発生時の世界の6月から8月にかけての気温と降水量の傾向の分布図
図2 ラニーニャ現象発生時の6〜8月(北半球の夏)の天候の特徴

ラニーニャ現象の発生時に、平均気温の「高い(低い)」割合、及び降水量の「多い(少ない)」割合が統計期間(1958年~2012年)の気候的出現率よりも、信頼度水準90%以上で有意に大きい領域を、それぞれ「高温(低温)」、「多雨(少雨)」としてまとめて分布図に示しています。

ラニーニャ現象発生時の9〜11月(北半球の秋)の天候の特徴

気温は、 東シベリア西部~中国北東部、米国中西部~南部周辺、ポリネシア南部~オーストラリア北東部で高温傾向が見られます。フィリピン南部~インド南部、北アフリカ南部~東アフリカ北西部、マダガスカル北部付近、カリフォルニア半島~カリブ海~南米西岸~ミクロネシア南西部で低温傾向が見られます。
降水量は、 メラネシア~オーストラリア北部・東部で多雨傾向、中央アジア東部、アラビア半島付近、アルゼンチン北部付近、中部太平洋熱帯域で少雨傾向が見られます。

ラニーニャ現象発生時の世界の9月から11月にかけての気温と降水量の傾向の分布図
図3 ラニーニャ現象発生時の9〜11月(北半球の秋)の天候の特徴

ラニーニャ現象の発生時に、平均気温の「高い(低い)」割合、及び降水量の「多い(少ない)」割合が統計期間(1958年~2012年)の気候的出現率よりも、信頼度水準90%以上で有意に大きい領域を、それぞれ「高温(低温)」、「多雨(少雨)」としてまとめて分布図に示しています。

ラニーニャ現象発生時の12〜2月(北半球の冬)の天候の特徴

気温は、 東シベリア中部、米国南部付近、ポリネシア南部~ニュージーランドで高温傾向が見られます。西日本~中国東部~オーストラリア北東部~マダガスカル、北アフリカ西部~西アフリカ西部周辺、東アフリカ南部~南部アフリカ、カナダ西部~アラスカ、カリブ海~南米北部~中部太平洋熱帯域で低温傾向が見られます。
降水量は、 フィリピンの東海上~マレーシア、南アフリカ~セントヘレナ島、米国北西部、南米北部付近、メラネシア~オーストラリア北東部で多雨傾向が見られます。フロリダ半島~メキシコで少雨傾向が見られます。

ラニーニャ現象発生時の世界の12月から2月にかけての気温と降水量の傾向の分布図
図4 ラニーニャ現象発生時の12〜2月(北半球の冬)の天候の特徴

ラニーニャ現象の発生時に、平均気温の「高い(低い)」割合、及び降水量の「多い(少ない)」割合が統計期間(1958/1959年~2012/2013年)の気候的出現率よりも、信頼度水準90%以上で有意に大きい領域を、それぞれ「高温(低温)」、「多雨(少雨)」としてまとめて分布図に示しています。

このページのトップへ