キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

エルニーニョ現象及びラニーニャ現象の発生期間(季節単位)

下表は、気象庁の定義による1949年以降のエルニーニョ現象及びラニーニャ現象の発生期間(季節単位)を示します。
気象庁では、エルニーニョ監視海域の海面水温の 基準値との差の 5か月移動平均値が6か月以上続けて +0.5℃以上となった場合を「エルニーニョ現象」、−0.5℃以下となった場合を「ラニーニャ現象」と定義しています。

※ 表の「季節数」は個々の現象の発生期間の長さを表し、「差の最大値(最小値)」はエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差のエルニーニョ現象発生期間中の最大値(ラニーニャ現象発生期間中の最小値)を表します。



エルニーニョ現象ラニーニャ現象
発生期間季節数差の最大値発生期間季節数差の最小値
 1949年夏~1950年夏5-1.4
1951年春~1951/52年冬4+1.2 
1953年春~1953年秋3+0.81954年春~1955/56年冬8-1.7
1957年春~1958年春5+1.6 
1963年夏~1963/64年冬3+1.21964年春~1964/65年冬4-1.2
1965年春~1965/66年冬4+1.71967年秋~1968年春3-1.3
1968年秋~1969/70年冬6+1.31970年春~1971/72年冬8-1.5
1972年春~1973年春5+2.71973年夏~1974年春4-1.5
 1975年春~1976年春5-1.3
1976年夏~1977年春4+1.5 
1982年春~1983年夏6+3.31984年夏~1985年秋6-1.1
1986年秋~1987/88年冬6+1.71988年春~1989年春5-2.0
1991年春~1992年夏6+1.61995年夏~1995/96年冬3-1.0
1997年春~1998年春5+3.61998年夏~2000年春8-1.8
2002年夏~2002/03年冬3+1.42005年秋~2006年春3-1.2
 2007年春~2008年春5-1.7
2009年夏~2010年春4+1.42010年夏~2011年春4-1.6
2014年夏~2016年春8+3.0 



下のグラフはエルニーニョ監視海域における海面水温の基準値との差(℃)を示したものです。折線は月平均値、滑らかな太線は5か月移動平均値を示し、正の値は基準値より高いことを示しています。エルニーニョ現象の発生期間は赤で、ラニーニャ現象の発生期間は青で、それぞれ陰影を施してあります。


Nino.3におけるSSTの偏差時系列

このページのトップへ