キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日本の平均気温の偏差の算出方法

使用したデータ

 1898年以降観測を継続している気象観測所の中から、都市化による影響が少なく、特定の地域に偏らないように選定された以下の15地点の月平均気温データ。

網走,根室,寿都(すっつ),山形,石巻,伏木(高岡市),
飯田,銚子,境,浜田,彦根,宮崎,多度津,名瀬,石垣島

算出方法

1.上記各地点ごとに,月平均気温の偏差(観測された月平均気温から、1971~2000年の30年平均値を差し引いたもの)を求めます*

2.各地点ごとに年・季節で平均します。

3.各月および2で算出した値について、15地点の偏差を平均します。

4. 年・季節・月のそれぞれについて、1981~2010年の30年間の平均と、1971~2000年の平均との差を2や3で算出した値から差し引いて、その年・季節・月の日本の平均気温の偏差(1981~2010年を基準とする偏差)とします。

 注:公表後も過去データの見直し等で更新する場合がありますが、その際は更新履歴に明記します。

*宮崎は2000年5月、飯田は2002年5月に移転しました。 移転による観測データへの影響を評価し、移転による影響を除去するための補正を行った上で、偏差を求めています。

このページのトップへ