雄阿寒岳  有史以降の火山活動

有史以降の火山活動(▲は噴火年を示す)

 釧路地方気象台が1991年に実施した現地観測では、山頂北斜面の地熱域で10箇所以上の弱い噴気が認められた。
 最近では、札幌管区気象台が2011年に実施した上空からの観測でも、地熱域が確認されている。

年代 現象 活動経過・被害状況等
1976(昭和51)年 地震 7月7日10:57 雄阿寒岳付近 震度3程度:阿寒湖畔、雌阿寒温泉。
1980(昭和55)年 地震 3月28日22:36 雄阿寒岳付近(M2.5) 震度4程度:阿寒湖畔(雄阿寒ホテル)。

日本活火山総覧(第4版)(気象庁編、2013)による。
噴火イベントの年代、噴火場所、噴火様式等については、(国研)産業技術総合研究所の活火山データベース(工藤・星住, 2006)を参考に、文献の追記を行った。
なお、噴出物量については、降下火砕物、火砕流、火砕サージ、溶岩流、溶岩ドーム等を加えた重量(単位は「ton」)またはマグマ噴出量(DRE km3)で記載しています。また、噴出物量が既知である場合については、産業技術総合研究所作成の活火山データベースから参照し、VEI(火山爆発指数)も付しています。詳しくはこちらを参照してください。



このページのトップへ