「ひまわり8号」と「ひまわり9号」

「ひまわり8号」は、「運輸多目的衛星(Multi-functional Transport Satellite:MTSAT)」シリーズの後継機として、世界最先端の観測能力を有する可視赤外放射計( AHI:Advanced Himawari Imager)を搭載した新しい静止気象衛星です。「ひまわり8号」は、平成26年10月7日に打ち上げ、軌道上で機能の確認試験を実施し、平成27年7月7日から「ひまわり7号」に代わり正式運用を開始しました。

「ひまわり9号」は、平成28年11月4日に打ち上げ、軌道上で機能の確認試験を実施した後、平成29年3月10日に待機運用を開始しました。「ひまわり8号」が障害等により長時間観測できない場合には、「ひまわり9号」による代替運用を行います。

ひまわり8号,9号
ひまわり8号・9号のイラスト

参考資料