潮位表 解説

このホームページに掲載している潮位表は、過去に観測された潮位データの解析をもとにして計算した潮位の予測値(天文潮位)をまとめた資料です。この予測値(天文潮位)は、気象などの様々な要因を受けることで実際に観測される値(実測潮位)とは異なりますので注意して下さい。過去に観測された値については、潮汐観測資料(または潮汐観測資料(速報値))をご覧ください。また、最新の潮位の実況(昨日・今日・明日の実測潮位および天文潮位)については、潮位観測情報をご覧ください。

ここに記載している潮位は、潮位表基準面からの高さまたは標高をcm単位で表しています。表示期間は、最大5週間です。

潮位表基準面は各地点ごとに異なっています。潮位表基準面は、潮汐観測資料および潮汐観測資料(速報値)に掲載されている観測値の基準(観測基準面)とは異なりますので注意してください。

潮位を標高で表示できるのは気象庁所管の観測地点のみです。潮位表基準面の標高の値は、潮位表掲載地点一覧表および各地点の潮位表のページの上部に掲載しています。標高の基準として東京湾平均海面(TP)を用いていますが、離島など一部の地点では、国土地理院による高さの基準やその地点における平均潮位(MSL)等を用いています。潮位の値を、潮位表基準面表示から標高表示にする場合は、画面の指示に従って表示を切り替えてください。なお、「潮位表基準面の標高」の値は、測量成果の反映およびMSLの推移等により毎年更新されますので注意して下さい。

また、時刻は、全て日本標準時(JST)によって掲載しています。

満潮・干潮

ここに掲載している満潮(干潮)は、調和定数をもとに予測した天文潮位の極大値(極小値)です。

潮位は、月の運行に伴い、通常、1日2回の満潮および干潮を繰り返しますが、場所や時期によっては、1日1回の場合や、3回以上現れる場合もあります。

該当する満干潮が存在しない場合は、満潮・干潮の欄を「*」としています。

月の状態が、朔(新月)、下弦の月、望(満月)、上弦の月に該当する日には、以下のマークを記載しています。

  • 朔(新月) : 朔 (新月)
  • 上弦の月 : 上弦の月
  • 望(満月) : 望 (満月)
  • 下弦の月 : 下弦の月

朔(新月)、望(満月)に当たる日の前後数日間は、潮位の満潮・干潮の差が大きくなる「大潮」となります。また、上弦の月、下弦の月に当たる日の前後数日間は、潮位の満潮・干潮の差が小さくなる「小潮」となります。

潮干狩りには、潮位が低い時間帯が適しています。なお、最も潮位が低くなるのは、大潮期間の干潮時刻前後となります。朔(新月)および望(満月)のマークが記載してある日前後の干潮時刻を参考にして下さい。

毎時潮位

ここに掲載している毎時潮位は、調和定数をもとに予測した天文潮位の1時間ごとの値です。なお、グラフは毎時潮位のデータを元に作成しています。満潮・干潮における高さは、グラフに反映されませんので注意してください。

潮位表掲載地点一覧表

潮位表掲載地点一覧表は、各潮位表掲載地点の緯度、経度、潮位表基準面および主要4分潮についてまとめたものです。

潮位表基準面
潮位表は、大潮の平均的な干潮面の高さを基準(海図の水深0mにほぼ相当)として、潮位の予測値(天文潮位)を掲載しています。「MSL-潮位表基準面」の欄は、大潮の潮位の片振幅に相当する、MSLの潮位表基準面からの高さです。「潮位表基準面の標高」の欄は、潮位表基準面の標高です。これは、「MSL-潮位表基準面」と、表に記載している「MSLの標高」をもとにして換算します(気象庁所管の観測地点のみ)。潮位表基準面と実際の潮位の観測基準面は異なりますので、潮位表と観測潮位をそのままの数値で比較するとずれが生じます。このため、両者を比較する際はそれぞれを標高基準上の値に変換するなどの方法を用いると便利です。標高への変換値は年ごとに更新していますので利用の際はご留意ください。
基準面関係図
基準面関係図

分潮一覧表

潮汐を起す力(起潮力)は天体(月と太陽)の引力の効果です。これら天体の運動は複雑ですが、大部分の運動は周期的であるため、起潮力は様々な周期の三角関数の総和として表すことができます。この、個々の周期の三角関数で表される潮汐の成分を分潮と呼び、三角関数に含まれる振幅と遅角(天体の周期的な運動に対する、分潮の振動の遅れ具合)の値を調和定数と呼びます。

潮位表に掲載している天文潮位は、60分潮の調和定数を用いて計算しています。このうち気象庁所管の観測地点については、潮汐観測機器および潮汐データを気象庁が管理した上で調和定数を算出しています。その他の地点には、60分潮すべて揃っていないなど、これらの地点と同じ方法を用いていない地点が含まれます。

分潮一覧表は、各潮位表掲載地点の60分潮の振幅・遅角とその解析年次、経度についてまとめたものです(気象庁所管の観測地点のみ)。潮位表掲載地点一覧表の右よりにあるリンクからたどることが出来ます。

60分潮の記号は次のとおりです。

長周期潮:
、Ssa、M、MS、M
短周期潮:
2Q、σ、Q、ρ、O、MP、M、χ、π、P、S、K、ψ、φ、θ、J、SO、OO、OQ、MNS、2N、μ、N、ν2、OP、M、MKS、λ、L、T、S、R、K、MSN、KJ、2SM、MO、M3、SO、MK、SK、MN、M、SN、MS、MK、S、SK、2MN、M、MSN、2MS、2MK、2SM、MSK

このページのトップへ