世界の週ごとの異常気象

全球異常気象監視速報(No:1254)
描画要素:

この期間の主な異常気象・気象災害

異常気象現象分布図

異常気象の種類地域概況
1高温中央シベリア南部〜中国北部
  • 暖気に覆われた。
  • モンゴル西部のアルタイでは、12日の日平均気温が約19℃(平年値:約7℃)で、日最高気温が24℃を超えた。
2少雨バングラデシュ〜東南アジア北部
  • 東南アジア北部では引き続き異常少雨となった。
  • タイ北東部のウドンタニでは、14日までの30日間降水量が30mm未満だった(4月、5月の月降水量平年値:75.2mm、188.4mm)。
3大雨インドネシア
  • インドネシアでは大雨により30人以上が死亡したと伝えられた(欧州委員会)。
4大雨アフガニスタン
  • アフガニスタンでは大雨により330人以上が死亡したと伝えられた(欧州委員会)。
5低温ロシア西部及びその周辺
  • 北から寒気が入った。
  • ロシアのモスクワでは、9日の日平均気温が約2℃(平年値:約12℃)で、日最低気温が-1℃を下回った。
6少雨米国南西部〜メキシコ
  • 米国のテキサス州デルリオ国際空港では、14日までの30日間降水量が10mm未満だった(4月、5月の月降水量平年値:50.4mm、70.5mm)。
7高温中米〜南米中部
  • 暖気に覆われた。
  • 南米中部では、3週連続で異常高温となった。
  • ホンジュラスのテグシガルパでは、8日、9日、10日、13日の日平均気温が約27℃(平年値:約24℃)で、11日、12日の日最高気温が33℃を超えた。
  • ブラジル南部のサンパウロ空港では、8日、9日、13日の日平均気温が約26℃(平年値:約19℃)で、8日、9日、11日、12日、13日の日最高気温が29℃を超えた。
8低温南米南部
  • 南から寒気が入った。
  • チリのサンティアゴ/キンタノルマルでは、8日の日平均気温が約5℃(平年値:約12℃)で、日最低気温が0℃を下回った。

 概況文では、世界で発生した主な異常気象(広い範囲での高温・低温、社会的に影響が大きい多雨・少雨など)や気象災害について記述しています。 概況文にない地点の異常気象については、異常高温・低温発生地点異常多雨・少雨発生地点異常天候地点リストをご覧ください。

このページのトップへ