キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

知床硫黄山(しれとこいおうざん) Shiretoko-Iozan


北緯44°08′00″ 東経145°09′41″ 標高1,562m (硫黄山)(三角点)
知床硫黄山地図
知床硫黄山写真

知床硫黄山全景 北西側上空から 2011 年 10 月 19 日 気象庁撮影



概要

  知床硫黄山は、安山岩質(SiO2量は53.6~60.3 wt.%)の成層火山で、知床半島に存在する第四紀火山のうちで最も大きく、少なくとも今から24万年前には活動を開始し、多数の安山岩溶岩や火砕物の噴出により成層火山を形成した。山頂部には2つの火口があり、このうち南側の火口形成時には岩屑なだれが発生した。その後、両火口が接する火口壁上には、ナマコ山溶岩ドームと南峰溶岩ドームが生成した。北西側中腹の爆裂火口(第1号火口)は、しばしば多量の溶融硫黄を噴出する特徴的な活動を繰り返し、世界的にも珍しい噴火形式である。

噴火活動史

 各火山について、地質学的な研究によってわかっている過去1 万年の火山活動史を記載 した。また、過去1 万年間の噴火活動と有史以降の火山活動とに分けて記載した。


「概要」、「過去1万年間の噴火活動」、「有史以降の火山活動」については日本活火山総覧(第4版) (気象庁編、2013)及び最近の観測成果による。
なお、噴出物量については、降下火砕物、火砕流、火砕サージ、溶岩流、溶岩ドーム等を加えた重量 (単位は「ton」)またはマグマ噴出量(DRE km3)で記載している。また、噴出物量が 既知である場合については、(国研)産業技術総合研究所作成の活火山データベースから参照し、VEI(火山爆発指数) も付している。詳しくはこちらを参照のこと。



噴火警報・予報、火山の状況に関する解説情報



火山活動解説資料



火山防災協議会など

  火山災害危険箇所マップ 平成23年4月防災マップ全体を改訂 (斜里町ホームページ)



Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ