平成19年4月20日の宮古島北西沖の地震で発表した津波注意報について

地震の概要

平成19年4月20日10時45分、宮古島北西沖の深さ21kmでM6.7の地震が発生した。この地震は、東シナ海の沖縄トラフで発生した地震で、発震機構(気象庁CMT解)は北北西-南南東方向に張力軸を持つ正断層型であった。(地震の詳細は、平成19年4月地震・火山月報(防災編)を参照)

震源要素
震源時刻(日本時間) 震央地名 緯度 経度 深さ Mw
2007年4月20日 10時45分 宮古島北西沖 北緯25度44.8分 東経125度08.2分 21km 6.7 6.4

宮古島北西沖周辺の震央分布図(2000年1月1日~2007年4月30日、M≧2.0、深さ~50km)
今回の地震の震央分布図
表示した震央は、2000年1月1日~2007年4月30日、M2.0以上、深さ50km以浅の地震である。2007年4月に発生した地震については濃い色で表示している。また、表示している発震機構解は気象庁CMT解である。

発表した津波注意報の概要

この地震に対して発表した津波注意報は、以下のとおりである。

発表時刻 概要 発表予報区
4月20日 10時51分 宮古島・八重山地方に津波注意報発表 津波注意報:宮古島・八重山地方
津波注意報発表予報区(地図、png形式)
11時50分 全ての津波注意報解除 全ての津波注意報解除

津波の観測

各予報区における予想した津波の高さと、観測された津波の高さ
津波予報区 予想した津波の高さ 予報区内で観測した津波の高さの最大
宮古島・八重山地方 0.5m 観測されず
黄は「津波注意報」のグレードであることを示す。

津波予測の評価

推定された気象庁マグニチュード6.7に基づいて津波注意報を発表したが、津波は観測されなかった。地震発生メカニズム解析では、地震の規模(モーメントマグニチュード、Mw)は6.4と推定された。津波予報データベースによると、この地域ではMwが6.4であれば、津波注意報の発表基準を超える津波にはならない。
気象庁マグニチュードとMwは、通常ほぼ一致するが、本地震は気象庁マグニチュードがMwよりやや大きく推定された事例の一つである。なお、平成19年7月2日より、地震発生メカニズム解析の成果を活用し、津波警報等の速やかな更新を行うこととしたので、今後このような事例については早期解除が適用される(地震のメカニズムを活用した、津波警報・注意報の切替・解除についての説明へ)。

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ