キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



東海地震とは

東海地震とは

駿河湾の海底には、駿河トラフと呼ばれる細長い溝状の地形があります。

駿河トラフは、フィリピン海プレートがその北西にある陸側のプレートの下に向かって沈み込むプレート境界だと考えられています。このプレート境界を震源域として、近い将来大規模な地震(マグニチュード8程度)が発生すると考えられています。これが「東海地震」です。

東海地域沖の海底地形と想定震源域

東海地震の想定震源域と地震防災対策強化地域

昭和53年(1978年)に、地震を予知し、地震による災害を防止・軽減することを目的とした「大規模地震対策特別措置法」(以下、「大震法」)が施行されました。また、平成13年(2001年)には、中央防災会議(議長:内閣総理大臣)の専門調査会において、大震法施行後から20数年の間に得られた地震学の知見や観測成果をすべて取り入れ、それまで想定していた震源域についての見直しが行われました。その結果、上の図でナス形の曲線で囲まれた領域を震源域(その内側のプレート境界が破壊して動く)と考えるのが最も妥当と判断され、現在に至っています。

ひとたび東海地震が発生すると、その周辺では大変な被害が生じると予想されます。そこで、東海地震の発生によって著しい被害が予想される地域が、大震法第3条第1項により「著しい地震災害が生ずるおそれがあるため、地震防災に関する対策を強化する必要がある地域」(「地震防災対策強化地域」)として指定され、数々の防災対策の強化が図られています。下図の黄色で塗られた領域が、現在の地震防災対策強化地域です(静岡県全域と東京都、神奈川・山梨・長野・岐阜・愛知及び三重の各県にまたがる157市町村、平成24年4月1日現在)。


地震防災対策強化地域

地震防災対策強化地域(内閣府の資料による)
黄色で塗られた領域が、現在の地震防災対策強化地域と指定されている地域。
指定された市町村名については、「東海地震に係る地震防災対策強化地域の市町村一覧」をご参照ください。



関連リンク

このページのトップへ