キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

よくある質問(FAQ)

統計値に関する質問

日降水量より日最大1時間降水量の方が多いことがあるのはどうしてですか。

「日降水量」は当日の0時00分〜24時00分の降水量です。これに対して「日最大1時間降水量」は、0時01分から24時00分までの1分ごとの1時間降水量のうちの最大値です。ただし、アメダスの観測方法変更日の前日以前の「日最大1時間降水量」は、「要素ごとの値の補足説明」をご覧ください。

このため、前日の23時30分〜24時00分に30mm、当日の0時00分〜0時30分に20mmの雨が降り、その後0時30分〜24時00分は雨が降らなかった場合、当日の「日降水量」は20mmですが、「日最大1時間降水量」は0時30分における50mm(23時30分〜0時30分の1時間降水量)で、日降水量より多くなります。

最大1時間降水量を「任意の1時間の値」で定義するのはどうしてですか。

最大1時間降水量は、大雨注意報や大雨警報の基準となるなど、防災目的で使われることがあります。防災上適切に利用されるためには、日の境界で区切って他の時間帯と不均質になることは望ましくありません。前の質問における回答の例の場合、1時間降水量50mmというのは通常、大雨警報に相当する雨ですが、前日30mm、当日20mmのように分けてしまっては、「大雨警報に相当する短時間強雨があった」ということがわかりにくくなります。こうしたことを避けるため「任意の1時間の値」で定義しています。

日降水量より24時間降水量の方が多いことがあるのはどうしてですか。

ある日の「日降水量」は、当日の0時00分〜24時00分の降水量を指します。ある日の「日最大24時間降水量」は、前日の0時10分から当日の24時00分までの間における連続する24時間で最も多くなる降水量を計算したものです。日をまたいで多くの降水があった場合は、日最大24時間降水量が日降水量より多くなることがあります。

降水量の表示には「0」と「−」がありますが、違いは何ですか。

気象台等においては、「0.0mm」は降水はあったが0.5mmに達しなかった、「-」は降水がなかった、と区別しています。ただし、アメダスにおいては大気現象(降水の有無など)の観測をしていないため降水なしはすべて「0mm」と表現されます。さらに、1976年〜1989年の地上気象観測地点の毎時の降水量にアメダスの値を引用している場合があります。その場合は降水なしであっても、表示は「0mm」です。詳細は「要素ごとの値の補足説明」をご覧ください。

天気概況が表示されません。

天気概況は、職員が観測地点における天気の変化状況を目視で観測し、簡潔に表現したものです。機械による自動観測のみを行う特別地域気象観測所と「つくば(館野)」、「南鳥島」は天気概況を記録していませんので、「地点ごとのデータ(昨日まで)」や「毎日の全国データ一覧表」では天気概況欄が空欄となります。夜間に目視観測を行わない官署は、夜間のみ空欄となります。

天気概況が「晴れ」なのに降水量が表示されている場合がありますがどうしてですか。

天気概況は昼(6時〜18時)と夜(18時〜翌6時)に分かれているため、大気現象が6時までに起こった場合は前日の天気概況(夜)に表現されることがあります。また、現象が軽微であった場合には観測者の判断で天気概況に記入しない場合があります。


このページのトップへ