キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

要素ごとの値の補足説明

1.降水量

(1)最小単位

    最小単位の変更履歴は下表のとおりです。
    気象台等 アメダス
    降水量 0.1 mm (~1967年12月31日) *1
    0.5 mm (1968年1月1日~) *2
    1 mm (~2008年3月25日)
    0.5 mm (2008年3月26日~)
    *1 北海道の一部の地点では最小単位の変更日が異なります。
    *2 1976年~1989年はアメダスと同様に1時間降水量を1mm単位で表示している地点があります。

    最小単位未満の降水があった場合、なかった場合の記録方法は下表のとおりです。
    気象台等*4 アメダス
    降水があった場合 0.0 mm 0.0 mm
    降水がなかった場合 - *3 0.0 mm
    *3 1976年~1989年はアメダスと同様に1時間降水量を「0mm」と表示している地点があります。
    *4 1885年以前(一部の例外を除き)は、記録方法が統一されておらず、降水があった場合でも「-」、降水がなかった場合でも「0.0mm」と表示している場合があります。このため、この期間の”日降水量0.0mm以上の日数”については、修正する予定です。
    一部の例外として、下表の地点の期間においては、「-」と「0.0mm」の区別はできています。

    地点名期間
    寿都1884年6月1日~
    宮古1883年3月1日~
    金沢1885年1月1日~
    伏木1886年5月1日~
    1883年1月1日~

(2)統計方法

    統計方法の変更履歴は下表のとおりです。
    気象台等 アメダス
    最大1時間降水量 任意の時分の極値 毎正時値の極値(~2002年12月31日)
    毎10分値の極値(2003年1月1日~アメダスの観測方法変更日の前日)
    任意の時分の極値(アメダスの観測方法変更日~)

(3)1990年以前の降水量に関する補足

    1990年以前の降水量をご利用の際は、以下の事項にご注意ください。

    * 1990年以前には、降水量を数時間ごとに観測していたことがあります。その場合、1時間ごとの値のページでは、欄を広げて数時間ごとの降水量を表示しています。例えば、4時間ごとに観測している場合では欄の幅を4時間分に広げて、その4時間の降水量を表示しています。

    * 1日分の降水量を量る測器と時間ごとに降水量を量る測器が異なる場合、一日の境(日界)が現在のように24時でなく、9時や22時としていた場合は、日降水量と時間ごとの降水量の日合計が一致しないことがあります。また1976年1月~1989年3月の1時間ごとの降水量でアメダスの値を用いている地点では、24時間の合計が日降水量と一致しないことがあります。

    * 1日分の降水量を量る測器と1時間ごとに降水量を量る測器が異なる場合、日合計を一致させるために時間ごとの降水量を補正している場合は、最大1時間降水量より1時間ごとの降水量が大きいことがあります。

    * 北海道の一部の気象台・測候所では、測器の仕様が異なる時期があり、1時間ごとの降水量データがないことがあります。

(4)気象台等の日最大1時間・10分間降水量に関する補足

     気象台等における2008年6月24日以前の日最大1時間降水量は、前日23時30分から翌日0時30分までの連続した1時間の降水量の最大値です。日最大10分間降水量は、前日23時55分から翌日0時05分までの連続した10分間の降水量の最大値です。これらの起時は降水の降り終わりの時分で、起時が前日の場合は時分の前に「昨」を、翌日の場合は「翌」を付けて表示します。
     一方、2008年6月25日以降の日最大1時間降水量は、前日23時01分から当日24時00分までの連続した1時間の降水量の最大値です。同様に日最大10分間降水量は、前日23時51分から当日24時00分までの連続した10分間降水量の最大値です。

2.気温

(1)統計方法

    統計方法の変更履歴は下表のとおりです。
    気象台等 アメダス
    日最高気温
    日最低気温
    任意の時分の極値 毎正時値の極値(~2002年12月31日)
    毎10分値の極値(2003年1月1日~アメダスの観測方法変更日の前日)
    任意の時分の極値(アメダスの観測方法変更日~)

3.風

(1)最小単位

    統計方法の変更履歴は下表のとおりです。
    気象台等 アメダス
    風速 0.1 m/s 1 m/s (~アメダスの観測方法変更日の前日)
    0.1 m/s (アメダスの観測方法変更日~)
    平均風速が0.2m/s以下(静穏)の場合は、風向欄に「静穏」と表示しています。

(2)統計方法

    統計方法の変更履歴は下表のとおりです。
    気象台等 アメダス
    日最大風速 毎10分値の極値(~2008年6月24日) *5
    任意の時分の極値(2008年6月25日~) *5
    毎正時値の極値(~2002年12月31日)
    毎10分値の極値(2003年1月1日~アメダスの観測方法変更日の前日)
    任意の時分の極値(アメダスの観測方法変更日~)
    日最大瞬間風速 0.25秒ごとの風速の極値(~2007年12月3日) *6
    0.25秒ごとの風速を3秒平均した風速の極値(2007年12月4日~) *6
    0.25秒ごとの風速を3秒平均した風速の極値
    *5 南鳥島は2010年6月1日に、昭和(南極)は2016年2月1日に変更しました。
    *6 深浦は2007年12月5日に変更しました。

(3)「1~10位の値」の1924年以前の日最大風速の補正

     1924年12月31日までのロビンソン風速計は風速を過大に表示してしまう特性がありました。このため、1~10位の値の日最大風速の1924年以前のデータは1925年以降のデータと比較できるよう換算しています。このため、古い年代での1~10位の値の日最大風速と日ごとの値の日最大風速の表示が異なります。詳しくは気象観測統計の解説第3章 品質と均質性[PDF:693KB]をご覧ください。

4.日照時間

(1)「1~10位の値」の1989年以前の日照時間の補正

     1986年1月1日から1990年1月1日にかけて、気象台等の日照計をジョルダン式日照計から回転式日照計に変更しました。1~10位の値の日照時間は、ジョルダン式日照計で観測していた時期の日照時間は回転式日照計への換算をしています。このため、古い年代での1~10位の値の月間日照時間と月ごとの値の月間日照時間の表示が異なります。詳しくは気象観測統計の解説第3章 品質と均質性[PDF:693KB]をご覧ください。

5.雪

(1)最小単位

    降雪の深さ・積雪の深さの最小単位は1cmです。
    最小単位未満の降雪・積雪があった場合、なかった場合の記録方法は下表のとおりです。
    降雪の深さ 気象台等(積雪計による自動観測) 気象台等(目視観測) アメダス
    降雪があった場合 - 0 cm 0 cm
    降雪がなかった場合 - - 0 cm

    積雪の深さ 気象台等(積雪計による自動観測) 気象台等(目視観測) アメダス
    積雪があった場合 0 cm *7 0 cm 0 cm
    積雪がなかった場合 - - 0 cm
    *7 特別地域気象観測所では「-」です。

    * 降雪があったが、観測時には融けてその深さを計ることができない場合は、降雪の深さを「0cm」としています。ただし、積雪計による自動観測を実施する地点では「-」としています。

    * 気象台等(目視観測)の地点の日最深積雪は、定時観測の値及び大雪臨時観測の値の中の最大値としています。積雪はあったが、定時観測及び臨時観測時には融けてその深さを計ることができなかった場合は「0cm」としています。

(2)統計方法

    統計方法の変更履歴は下表のとおりです。
    気象台等 アメダス
    積雪の深さ日合計 1日2回または3回の降雪の深さの合計(積雪計による自動観測への変更前)
    1日24回の降雪の深さの合計(積雪計による自動観測への変更後)
    1日24回の降雪の深さの合計

    降雪の深さと積雪の深さの日界(一日の区切り・境界)は下表のとおりです。
    日界の時刻
    気象台等(積雪計による自動観測) 24時
    気象台等(目視観測、21時の観測がある地点) 21時
    気象台等(目視観測、21時の観測がない地点) 9時
    アメダス 24時

    * 「年ごとの値」の雪に関する統計項目は、寒候年の値を表示しています。寒候年とは、前年8月1日から当年7月31日までの期間のことです。例えば、2008年寒候年は2007年8月1日から2008年7月31日までの期間を示します。
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ