キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成21年台風第9号による8月8日から11日にかけての大雨  平成21年(2009年)8月8日~8月11日


九州から東北地方の広い範囲で大雨。

災害状況

死者25名、行方不明者2名、負傷者23名
住家全壊183棟、半壊1130棟、一部損壊34棟
床上浸水974棟、床下浸水4,645棟など
(消防白書より)

概要

 8月8日9時に日本の南海上で発生した熱帯低気圧は北西に進み、8月9日15時に同海域で台風第9号となった。台風第9号は北に進み、10日に四国、紀伊半島の南海上を通り、11日には東海地方、関東の南海上を通って、日本の東海上へ進んだ。その後、13日9時に日本の東海上で熱帯低気圧に変わり、14日21時に温帯低気圧となった。
 熱帯低気圧およびそれから変わった台風第9号周辺の湿った空気の影響で、8日から11日にかけて西日本および東日本の太平洋側と東北地方の一部で大雨となった。この期間の総雨量が四国ではところにより700ミリを超えたほか、徳島県、香川県、岡山県、兵庫県の一部では、8月の月降水量平年値の2倍を超える記録的な大雨となった。
 この大雨により、徳島県、岡山県、兵庫県、長野県で死者25名、行方不明者2名となり、特に、兵庫県佐用郡佐用町では死者18名、行方不明者(状況不明も含む)2名となっている。また、岡山県、兵庫県、埼玉県など西日本から東日本の広い範囲で住家の浸水が約6,700棟を超えるなど各地で浸水害や土砂災害が発生した。さらに、農業・林業・水産業被害や鉄道の運休、航空機・フェリーの欠航等による交通障害が発生した。(消防庁情報 平成21年9月11日11時30分現在、国土交通省情報 平成21年9月11日15時現在による)

詳しくは、災害時自然現象報告をご覧ください。

関連資料へのリンク

各気象台作成資料へのリンク

その他の資料へのリンク

問い合わせ先

気象庁観測部計画課情報管理室 電話 03-3212-8341(内線 4154, 4157)


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ