海面浮遊汚染物質(プラスチック類)

平成31年2月28日発表(次回発表予定 平成32年2月28日)

気象庁地球環境・海洋部

診断(2018年)

  • 日本周辺海域における海面浮遊汚染物質(プラスチック類)の観測個数は2000年以降増加傾向にあり、 2018年には航走100kmあたり17個となりました。東経137度線では航走100kmあたり5個でした。
海面浮遊汚染物質経年変化
海面浮遊汚染物質(プラスチック類)の航走100kmあたり観測個数の経年変化


海域区分
海域区分

解説

気象庁では、日本を取り巻く海域を「日本周辺海域」、東経137度の北緯3~30度を「東経137度線」として海面浮遊汚染物質の航走100kmあたり観測個数について診断を行っています。日本周辺海域では、1990年代までは減少傾向が続き、2000年前後は5個程度でしたが、その後は増加傾向にあります。2011年には東北地方太平洋沖地震の津波によって陸上から海洋へ流出したプラスチック類が多かったものと考えられます。一方、東経137度線においては、年によって多数の海面浮遊汚染物質が観測されることがあるものの、2000年代まではおおむね3個を下回る水準でした。その後はやや増加し、5個前後で推移しています。

2018年の日本周辺海域での観測個数は、2000年以降最多となりました。この増加傾向が今後も継続するか監視を続けます。2018年の東経137度線での観測個数は、この数年間の水準と同程度でした。

北西太平洋で観測された海面浮遊汚染物質の分布を見ると、日本周辺海域では、春季から秋季にかけて多いところで100個を超える海面浮遊汚染物質が観測されました。このうち、春季の紀伊半島沖が顕著でした。日本海については秋季のデータしかありませんが、多数観測されました。北緯20度以南では、夏季の赤道付近の海域で50個を超える海面浮遊汚染物質が観測されました。

関連情報

海洋汚染に関連した診断

海洋汚染の知識

海洋汚染のデータ

過去の診断

このページのトップへ