海流の診断の見方【日本近海の海流】

沖縄周辺、日本の南から関東沖にかけての海流の見方

※1:黒潮の診断に記載する代表的な地点について

黒潮の診断に記載する代表的な地点は、下図のとおりです。

代表的な地点

※2:東海沖の黒潮流路の最南位置について

東海沖の東経136度から東経140度までの海域において、黒潮の最南位置がみられた場合にその位置を記載します。 黒潮が東西方向に直線的に流れている場合は「なし」と記載します。

「解説」に戻る

日本の東と日本海の海流の見方

※3:親潮の沿岸寄りの分枝、沖合の分枝の南限位置について

親潮の南限位置は、東経141~148度における、深さ100mの水温が5℃以下の南限とします。分枝の構造がみられない場合は、「沿岸寄りの分枝」の欄に親潮の南限位置を記載し、「沖合の分枝」の欄には「なし」と記載します。

参考情報:親潮

※4:親潮の面積について

親潮の面積は、東経141~148度、北緯43度以南における、深さ100mの水温が5℃以下の領域の面積によって定義しています。 1982~2010年の29年間に出現した親潮の面積の上位1/3以上を「平年より大きい」、下位1/3以下を「平年より小さい」とし、それらを除いた中央1/3の範囲を「平年並」としています。 また、上位(下位)1/10以上(以下)を「平年よりかなり大きい(小さい)」としています。

※5:津軽暖流の東端の経度について

津軽暖流の東端の経度は、北緯41~42度の津軽海峡東口における、深さ100mの水温分布によって解析します。津軽暖流の海水を定義する指標水温は旬ごとに以下のように定義しています。

表:津軽暖流の指標水温
期間 1月上旬 1月中旬~
5月下旬
6月上旬~
7月上旬
7月中旬~
8月中旬
8月下旬~
9月下旬
10月上旬~
12月上旬
12月中旬 12月下旬
指標水温
(100m深)
7℃以上 6℃以上 7℃以上 8℃以上 9℃以上 10℃以上 9℃以上 8℃以上

※6:日本の東の黒潮系暖水の北限緯度について

黒潮系暖水の北限は、東経142~147度における、深さ100mの水温が15℃以上の北限の緯度と定義します。

※7:対馬暖流の勢力について

対馬暖流の勢力は、日本海における深さ100mの水温が10℃以上の海域の面積によって定義しています。 1982~2010年の29年間に出現した月毎における対馬暖流の勢力の指標の上位1/3以上を「平年より強い」、下位1/3以下を「平年より弱い」とし、それらを除いた中央1/3の範囲を「平年並」としています。 また、上位(下位)1/10以上(以下)を「平年よりかなり強い(弱い)」としています。

参考情報:対馬暖流とは

「解説」に戻る

このページのトップへ