日本沿岸の潮位の年概況

2021年2月22日 気象庁発表
(次回発表予定 2022年2月21日)

月平均潮位

2020年の月平均潮位と最近5年間(2015~2019年)の同月の平均値との差(ΔH)を図に示します。各月の特徴は以下のとおりです。なお、ΔHの区分は次のとおりです。

甚だ高い +20cm ≤ ΔH
かなり高い +10cm ≤ ΔH < +20cm
やや高い +5cm ≤ ΔH < +10cm
例年並 -5cm ≤ ΔH < +5cm
やや低い -10cm ≤ ΔH < -5cm
かなり低い -20cm ≤ ΔH < -10cm
甚だ低い ΔH < -20cm

※平成23年(2011年)東北太平洋沖地震の影響による地盤変動の影響が大きいことから、宮古、大船渡、鮎川、小名浜については概況を記載していません。

1月

父島でかなり高く、東海地方から熊野灘にかけての沿岸でかなり〜やや高く、伊豆諸島と九州地方でやや高い状態でした。一方、北海道地方、先島諸島と大東島地方の沿岸でやや低い状態でした。

2月

父島でかなり高く、伊豆諸島、東海地方から四国地方太平洋側にかけての沿岸および瀬戸内海東部の沿岸でかなり~やや高い状態でした。九州北部地方の一部や大東島地方の沿岸ではやや高い状態でした。 一方、奄美地方ではかなり低い状態でした。

3月

大東島地方で甚だ高く、父島でかなり高く、伊豆諸島、東海地方から四国地方太平洋側にかけての沿岸および瀬戸内海東部の沿岸でかなり~やや高い状態でした。

4月

伊豆諸島、東日本太平洋側の沿岸および熊野灘でかなり~やや高く、父島および大東島地方の沿岸でやや高く、石垣島地方の沿岸でやや低い状態でした。

5月

伊豆諸島、東海地方の沿岸および熊野灘でかなり~やや高く、父島でかなり高く、大東島地方の沿岸でかなり低い状態でした。

6月

北海道の日本海沿岸、伊豆諸島、東日本の沿岸、瀬戸内海西部と九州太平洋側を除く西日本の沿岸、大東島地方の沿岸および与那国島地方の沿岸でかなり~やや高い状態でした。

7月

大東島地方沿岸、八重山地方沿岸でかなり~やや高く、三宅島、東海地方の沿岸でやや高い状態でした。一方、父島でやや低い状態でした。

8月

奄美地方の沿岸でかなり高く、 八重山地方の沿岸でやや高い状態でした。一方、瀬戸内海西部から豊後水道、九州南部の沿岸でかなり~やや低く、東海地方の沿岸の一部、関東地方の沿岸、父島でやや低い状態でした。

9月

父島、奄美地方、大東島地方の沿岸でかなり高く、三宅島、東海地方、北陸地方、沖縄本島地方、八重山地方の沿岸でやや高い状態でした。一方、種子島の沿岸でやや低い状態でした。

10月

東海地方から西日本太平洋側にかけての沿岸、九州地方、沖縄・奄美、父島、三宅島の沿岸ではかなり~やや高く、北日本日本海側から北陸地方の沿岸ではやや高い状態でした。

11月

奄美地方、与那国島地方の沿岸でやや高い状態でした。一方、父島でやや低い状態でした。

12月

大東島地方の沿岸でかなり高く、東海地方から四国地方太平洋側にかけての沿岸と瀬戸内海の一部の沿岸でかなり〜やや高く、伊豆諸島、父島、奄美地方の沿岸でやや高い状態でした。一方、石垣島地方の沿岸でかなり低い状態でした。

月平均潮位偏差分布

2020年の月平均潮位と最近5年間(2015~2019年)の各月の平均値との差(ΔH)


は例年より高いことを、は例年より低いことを示します。

白黒の図はこちら


高潮

2020年に最大潮位偏差50cm以上の高潮は15回発生しました。大きな潮位偏差を記録した地点及び最大潮位偏差と主な要因は次のとおりです。なお、同一現象により発生した最大潮位偏差50cm以上の高潮が5地点を超えた場合は、潮位偏差の大きい上位5地点及び最大潮位偏差50cm以上の高潮を記録した全地点数を記載します。*は当該期間に欠測があったことを示します。

1月7~9日

能登97㎝、浜田70㎝、境68㎝、大阪65cm、舞鶴65㎝等、計9地点(低気圧)

1月27~28日

土佐清水75㎝、佐伯71㎝、宇和島71㎝、高知68cm(低気圧)

1月30日~2月1日

能登81㎝(冬型気圧配置)

2月16~19日

大阪70cm、能登68㎝、浜田59㎝、舞鶴51㎝、境51㎝(低気圧及び冬型気圧配置)

3月5~6日

能登69cm(冬型気圧配置)

3月11~12日

能登55cm(冬型気圧配置)

3月16日

能登50cm(冬型気圧配置)

3月20日

能登54cm(冬型気圧配置)

4月1~2日

赤羽根74cm、神戸52㎝(低気圧)

4月13日

名古屋79cm、鳥羽68㎝、大阪54㎝、白浜50㎝(低気圧)

4月18~19日

石廊崎57cm(低気圧)

8月31日~9月4日

苓北141cm、大浦*95㎝、福江78㎝、対馬比田勝70㎝、浜田68㎝等、計8地点(台風第9号及び台風第9号から変わった低気圧)

9月5~7日

奄美140cm、種子島135㎝、御坊116㎝、大浦*100㎝、枕崎100㎝等、計20地点(台風第10号)

10月8~10日

南大東135cm、種子島96㎝、油津57㎝(台風第14号)

12月14日

能登51㎝(冬型気圧配置)

津波

2020年に観測された津波は次のとおりです。なお、津波の高さとして、津波情報で使用されている「最大の高さの波」(津波がなかったとした場合の海面からの高さが最大となる波)を掲載します。括弧内には最大波高(全振幅)を併記します。

2020年は全振幅5cm以上の津波は観測されておりません。

異常潮位

2020年に記録された顕著な異常潮位は、次のとおりです。

10月中旬〜下旬

近畿地方から四国地方の太平洋沿岸及び瀬戸内海の沿岸を中心に東寄りの風が吹きやすい気圧配置が持続したことや、黒潮による暖水の影響が原因と見られる異常潮位が観測されました。この異常潮位により、最大で+20〜25㎝の潮位偏差を観測しました。

副振動

2020年に観測された最大全振幅が100cm以上の顕著な副振動は、次のとおりです。*は当該月に欠測があったことを示します。

9月6日

種子島125㎝、御坊116cm、土佐清水101㎝

10月9日

南大東100cm

関連情報

海洋の知識

データ

その他の診断

過去の診断

このページのトップへ