キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日積算紅斑紫外線量の月平均値の数値データ表

紫外線の観測成果


日積算紅斑紫外線量の月平均値(1997年~)

 紅斑(こうはん)紫外線量とは紫外線が人体へ及ぼす影響の度合を示す量です。紅斑とは、紫外線を浴びた後皮膚が赤くなることをいいます。紫外線が人体へ及ぼす影響は波長によって異なるため、290nm~400nm(ナノメートル)の波長範囲について、波長別紫外線強度に人体への相対影響度を波長毎に掛け、積算して求めます。
データの見直しなどで値が変わることがありますので、最新のものを御利用下さい。


観測地点:

   (単位 kJ/m²)
札幌  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月 年平均値
参照値(1994-2008年) 0.34 0.62 1.06 1.61 2.20 2.79 2.91 2.64 1.84 0.96 0.43 0.28 1.47
標準偏差(1994-2008年) 0.02 0.03 0.06 0.13 0.23 0.21 0.33 0.36 0.15 0.08 0.05 0.02 0.09
2017年 0.34 0.66 1.17 1.69 2.49 2.52 2.98
2016年 0.35 0.57 1.09 1.68 2.49 2.48 3.25 3.08 1.93 0.94 0.43 0.26 1.55
2015年 0.36 0.55 0.97 1.77 2.44 2.35 2.92 2.53 1.59 0.89 0.43 0.29 1.42
2014年 0.33 0.66 1.13 1.86 2.22 2.89 2.95 2.57 1.87 0.87 0.45 0.26 1.51
2013年 0.37 0.63 1.07 1.49 2.12 3.29 3.28 2.46 1.76 1.02 0.40 0.26 1.51
2012年 0.41 0.68 1.12 1.68 2.49 3.00 3.27 2.75 2.10 1.05 0.39 0.26 1.60
2011年 0.37 0.68 1.16 1.65 2.21 2.61 3.14 2.79 1.63 0.91 0.47 0.31 1.49
2010年 0.35 0.62 1.02 1.39 2.41 3.00 2.27 2.55 2.07 1.03 0.39 0.23 1.44
2009年 0.37 0.57 1.00 1.85 2.62 2.55 2.33 2.80 2.08 0.97 0.41 0.29 1.49
2008年 0.37 0.68 1.19 1.71 2.40 3.07 2.99 2.92 2.09 0.95 0.49 0.29 1.60
2007年 0.34 0.59 1.04 1.62 2.34 3.15 3.55 2.63 1.83 0.94 0.46 0.28 1.56
2006年 0.33 0.60 1.00 1.51 2.37 2.49 3.24 3.18 2.04 1.05 0.40 0.30 1.54
2005年 0.34 0.65 1.10 1.42 2.24 3.00 2.95 2.90 1.83 1.08 0.45 0.30 1.52
2004年 0.34 0.59 1.03 1.64 2.19 3.01 3.01 2.62 1.83 1.03 0.49 0.27 1.50
2003年 0.34 0.61 1.12 1.48 2.07 2.77 2.94 2.40 1.79 0.95 0.44 0.30 1.43
2002年 0.36 0.63 0.98 1.88 2.66 2.96 2.67 2.22 1.96 1.02 0.39 0.30 1.50
2001年 0.34 0.64 0.98 1.58 2.29 2.67 2.62 2.85 1.76 0.86 0.39 0.26 1.44
2000年 0.34 0.62 1.11 1.53 2.12 2.68 2.74 3.02 1.63 0.94 0.51 0.31 1.46
1999年 0.32 0.60 1.07 1.54 1.84 2.70 2.71 2.87 1.83 0.87 0.38 0.27 1.42
1998年 0.32 0.63 1.00 1.76 2.27 2.60 2.58 2.04 1.66 0.93 0.42 0.28 1.37
1997年 0.33 0.57 1.10 1.69 2.04 2.64 3.09 2.17 1.74 0.86 0.38 0.27 1.41

参照値: 1994~2008年の月別累年平均値で、平均的な紅斑紫外線量の状況を示します。
値]: 荒れた天気の影響や機器の不調により観測できない日が多く、 資料数が基準未満(1か月あたり20日未満)となったため、資料不足値であることを示します。
月平均値に資料不足値がある場合は、その年の年平均値も資料不足値となります。



このページのトップへ