地点別データ・グラフ   (世界の天候データツール(ClimatView 月統計値))

♦選択フォーム   グラフ表示期間:   標準化降水指数対象期間:
graph
ニューヨーク〔ニューヨーク州〕 -アメリカ合衆国  
緯度: 40.77 °N / 経度: 73.9°W   高度: 7(m)
ファイルのダウンロード----CSVファイルでダウンロード
年月 観測値 平年値 標準化降水指数
月平均
気温
(℃)
月平均
最高気温
(℃)
月平均
最低気温
(℃)
月降水量
(mm)
月平均
気温
(℃)
月降水量
(mm)
3か月
6か月
12か月
2016年1月 2.1 5.5 -1.4 106 1.0 82.5 0.12 -0.55 -0.75
2016年2月 3.6 7.6 -0.4 111 2.0 67.8 1.25 0.21 -0.43
2016年3月 9.4 14.0 4.9 32 5.9 105.1 0.10 -0.16 -0.88
2016年4月 11.8 16.2 7.4 42 11.6 102.1 -1.06 -0.60 -0.89
2016年5月 17.5 21.8 13.3 100 17.1 97.3 -1.38 -0.11 -0.57
2016年6月 23.1 27.7 18.5 57 22.4 101.8 -0.79 -0.58 -0.89
2016年7月 27.3 31.4 23.1 127 25.3 111.4 0.15 -0.50 -0.65
2016年8月 27.6 31.4 23.7 29 24.8 107.9 -0.79 -1.38 -0.82
2016年9月 23.2 26.8 19.6 64 20.8 94.5 -0.68 -0.99 -0.80
2016年10月 16.2 20.0 12.5 123 14.7 96.9 -0.54 -0.32 -0.66
2016年11月 11.3 14.9 7.8 136 9.2 87.8 0.74 -0.07 -0.18
2016年12月 4.6 7.6 1.7 75 3.7 90.3 0.81 0.06 -0.36

標準化降水指数が-1.0を下回った場合には、乾燥の程度に応じて表中のセルの背景色が変化します。また、標準化降水指数-9999(9999)は、当該期間において、発生頻度が極めて小さい少雨(多雨)の場合に表示されます。「発生頻度が極めて小さい」とは累積確率がゼロ(1)またはゼロ(1)に限りなく近いことを意味します。

平年値は1981-2010年の30年間のデータの平均をもとに算出しています。

このページのトップへ