キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



使用方法について   (世界の天候データツール)

 世界の天候データツール(ClimatView)では、世界各国の月平均気温・月降水量のデータやそれらの平年差(比)などを閲覧できます。また、世界各国の月平均気温と月降水量の平年値も閲覧できます。
 これらのデータは、世界各国から毎月送られてくる「地上月気候値気象通報(CLIMAT報)」により得られた値で、国際連合の世界気象機関(WMO)に加盟している各国の気象機関が、日々の気象観測データから計算して相互に交換しているデータです。このページには気象庁がCLIMAT報の処理を開始した1982年6月以降のデータがあります。毎月10日ごろにその前月のデータを更新・追加します。

 なお、「世界の天候データツール(ClimatView)」で用いている平年値の詳細は、こちらを参照ください。

注意  このコンテンツの利用に関する注意点

月天候データ閲覧の方法

1.分布図でデータを見る

  • 分布図には、表示された領域の各地点の気温あるいは降水量のデータが色付きの丸いマークで表示されます。凡例は右端に表示されます。
  • 分布図の地点マークにマウスカーソルをかざすと、その地点の地点名とデータが吹き出しで表示されます。
  • ページ上部のメニューで表示させたい地域、要素、年月、地図解像度を変えることができ、世界全体の分布も表示できます。
  • [ < ]ボタン、[ << ]ボタンを押すと、それぞれ1ヶ月、1年分だけ表示年月が戻ります。[ > ]ボタン、[ >> ]ボタンを押すと、それぞれ1ヶ月、1年分だけ表示年月が進みます。
  • リストやラジオボタンを変えた後に「表示」ボタンを押すと分布図が更新されます。
  • 地図の右端と下端にあるスクロールバーを移動して、地図の表示位置を調整させることができます。
  • 分布図を印刷する場合、そのままでは分布図が正しく印刷されません。「印刷用画面」をクリックして表示される印刷用ページを印刷してください。 なお、「表示」ボタンを押して画面を確定してから、「印刷用画面」のボタンをクリックしてください。
  • 通信回線速度が遅く、地図の描画に時間のかかる場合は、地図解像度を「低」にしてください。

分布図の説明

  • 地図の左端にある拡大・縮小ボタンを押すと、地図を1段階づつ拡大・縮小します。
  • 拡大ボタンと縮小ボタンの間にある、赤のマークは現在のズーム位置を表しており、上側ほど拡大された状態であることを示しています。
  • 各ズーム位置の白色のボタンをクリックすると、そのズーム位置に拡大・縮小します。

2.各地点のデータの詳細を見る

  • 分布図の地点マークをクリックすると、その地点における、指定された年月までの月別データがグラフと表で表示されます。
  • ページ上部のメニューにより、表示させる年月と表示期間を変えることができます。
  • 表示期間は、1年間、2年間、5年間、1982年6月以降全期間の4種類から選択できます。
  • 「ダウンロード」ボタンをクリックすると、表示した期間のデータをCSVファイルとしてダウンロードすることができます。

グラフの表示の仕方
3.データリストから各地点のデータを見る

  • 分布図の画面で、メニューにある「データリスト表示」をクリックすると、選択した地域の全ての地点名のリストとデータを表示します。
  • ただし、「地域」で「世界」が選択されている場合は、世界全地点ではなく「アジア/シベリア」地域の地点が表示されます。
  • 分布図で平年値の要素を指定していた場合は、平年値を表示します。
  • リストの地点名をクリックすると、各地点のデータやグラフを見ることができます。詳細は、「2.各地点のデータの詳細を見る」を参照ください。
  • ページ上部のメニューにより、表示させる領域と年月を変えることもできます。

データリストからデータをみる

変更履歴

変更日内容
2014年1月30日 月降水量平年比(%)の精度を考慮して、小数点第1位を四捨五入した整数値で表示するように変更しました。
2013年10月24日 「世界の月データ」の表示プログラムを全面的に改訂しました。
これまでのプログラムでは、データを閲覧するにはインターネット・エクスプローラーに対応したAdobe SVG Viewerのプラグインが 必要となり、Firefoxなど他のブラウザでは閲覧できませんでした。今回、プログラムを改訂することにより FirefoxやGoogle Chromeといったブラウザでも、プラグインなしに使用できるようになりました。

このページのトップへ