キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日本の月の天候 ------------------ 対象期間:

2018年(平成30年)12月の特徴

○沖縄・奄美は、気温がかなり高かった。

 寒気の南下が弱く暖かい空気に覆われる日が多かったため、沖縄・奄美は気温がかなり高く、東・西日本も高かった。

○北日本日本海側と東日本太平洋側および西日本は、日照時間がかなり少なかった。

 気圧の谷の影響を受けることが多かったため、北日本日本海側と東日本太平洋側および西日本は日照時間がかなり少なかった。

○月末は、北・東日本日本海側を中心に暴風雪や大雪となった。

 強い冬型の気圧配置となって強い寒気が流れ込んだため、27〜30日は北・東日本日本海側を中心に暴風雪や大雪となった所があった。

概況

地域平均気温経過図

地域平均気温平年偏差の5日移動平均時系列図

寒気の南下が弱く暖かい空気に覆われる日が多かったため、沖縄・奄美は気温がかなり高く、東・西日本も高かった。北日本は寒暖の変動が大きく、月平均気温は平年並だった。4日は日本海の低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込んで全国的に季節外れの暖かさになり、全国の観測点926地点のうち352地点で12月として最も高い気温を観測したほか、沖縄・奄美や西日本を中心に66地点で夏日になった。

天気は、全国的に概ね数日の周期で変化した。日本付近を高気圧と低気圧が次々に通過したが、東日本太平洋側と西日本は高気圧に覆われることは少なかった。冬型の気圧配置になることも少なく、晴れた日が12月としては顕著に少なかったため、東日本太平洋側と西日本は日照時間がかなり少なかった。また、北日本日本海側も気圧の谷の影響を受けることが多く、日照時間がかなり少なかった。なお、月末は強い冬型の気圧配置が続いたため、27〜30日は北・東日本日本海側を中心に暴風雪や大雪となった所があった。

平均気温:沖縄・奄美でかなり高く、東・西日本でも高かった。北日本は平年並だった。

降水量:北日本日本海側と西日本および沖縄・奄美で多かった。北日本太平洋側と東日本は平年並だった。

日照時間:北日本日本海側と東日本太平洋側および西日本でかなり少なく、東日本日本海側と沖縄・奄美でも少なかった。北日本太平洋側は平年並だった。

月TRS分布図 旬別RS経過図
月平均気温平年偏差、月降水量平年比、月間日照時間平年比の分布図 地域平均旬降水量平年比、旬間日照時間平年比の経過図

天候経過


    上旬

     北〜西日本は数日の周期で天気が変化したが、東日本太平洋側と西日本では12月上旬としては晴れた日が極端に少なく、日照時間がかなり少なかった。特に西日本太平洋側は、1961年の統計開始以降で旬間日照時間が最も少なかった。3日は動きの遅い高気圧の後面を周って湿った空気が流れ込み、阿久根(鹿児島県)では日降水量が85.0mmに達して1939年の統計開始以来12月としては最も多くなるなど、九州では大雨の所があった。沖縄・奄美は、前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多かった。東・西日本と沖縄・奄美は旬の中頃にかけて気温の高い日が続いて旬平均気温がかなり高くなり、沖縄・奄美は1961年の統計開始以降で最も高かった(平年差+2.6℃)。北日本は寒暖の変動が大きく、旬平均気温は平年並だった。4日は日本海の低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込んで全国的に季節外れの暖かさになり、全国の観測点926地点のうち352地点で12月としては最も高い気温を観測したほか、沖縄・奄美や西日本を中心に66地点で夏日になった。旬の終わりは強い寒気が流れ込んだため、北〜西日本は低温となったほか、北日本日本海側では大雪になった所もあった。

     旬平均気温:北日本で平年並のほかはかなり高かった。

     旬降水量:東日本で平年並のほかは多かった。

     旬間日照時間:東日本太平洋側と西日本ではかなり少なく、東日本日本海側と沖縄・奄美でも少なかった。北日本は平年並だった。


    中旬

     日本付近を低気圧と高気圧が交互に通過し、全国的に数日の周期で天気が変化した。西日本太平洋側は低気圧や前線の影響を頻繁に受けたため、降水量がかなり多く、日照時間がかなり少なかった。東日本太平洋側でも降水量がかなり多く、日照時間が少なかった。低気圧の通過後は、それぞれ一時的に冬型の気圧配置となった。このうち18〜19日は北日本を中心に強い寒気が流れ込み、富良野(北海道)では18日の日降雪量が41cmに達して1979年の統計開始以来12月としては最も多くなるなど、北日本では大雪の所があった。全国的に、寒気が流れ込んで低温になった日もあった一方、低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込むことなどにより顕著な高温になった日もあり、寒暖の変動が大きかった。

     旬平均気温:全国的に平年並だった。

     旬降水量:東・西日本太平洋側ではかなり多く、北・西日本日本海側でも多かった。一方、沖縄・奄美は少なく、北日本太平洋側と東日本日本海側は平年並だった。

     旬間日照時間:西日本太平洋側ではかなり少なく、東日本太平洋側と西日本日本海側でも少なかった。一方、北日本太平洋側と沖縄・奄美は多く、北・東日本日本海側は平年並だった。


    下旬

     旬の前半は中旬に続いて日本付近を低気圧と高気圧が交互に通過し、全国的に天気は周期変化した。低気圧や前線の影響で、21日は西日本太平洋側で、22日は東日本太平洋側で大雨の所があった。また、暖かい空気に覆われて気温の高い日が全国的に多かった。後半は冬型の気圧配置が強まって強い寒気が流れ込み、夕張(北海道)では30日に積雪が137cmに達して1979年の統計開始以来12月として最も大きくなるなど、27〜30日は北・東日本日本海側を中心に暴風雪や大雪となった所があった。また、26日は沖縄・奄美では前線の影響で大雨になった所があった。

     旬平均気温:沖縄・奄美で高かったほかは平年並だった。

     旬降水量:北日本太平洋側で少なかった一方、沖縄・奄美は多かった。北日本日本海側と東・西日本は平年並だった。

     旬間日照時間:北日本日本海側と東日本および沖縄・奄美では少なかった。一方、北日本太平洋側は多かった。西日本は平年並だった。

極東循環場の特徴

      500hPa天気図:北極付近では高度が低く、寒気は蓄積基調だった。これを取り囲む高〜中緯度帯では偏西風が蛇行し、高度の高い所と低い所が概ね交互に並んだ。そのさらに南の低緯度帯には高度の高い領域が広がり、沖縄の南〜日本の南でも高度が高く、亜熱帯高気圧が強かった。本州付近では偏西風が北に蛇行し、東日本以南は暖かい空気に覆われることが多かった。日本付近の高度は、沖縄・奄美〜西・東日本では高い一方で北海道〜オホーツク海では低く、平年に比べ南北の高度差が大きく偏西風が強かった。

      海面気圧と外向き長波放射量平年偏差:海面気圧は、日本付近はほぼ一様に平年より高かった。外向き長波放射量平年偏差は、華南〜本州南岸では負偏差で対流活動が活発な一方、日本の南や南シナ海では正偏差で対流活動は不活発だった。

      850hPa気温:沖縄・奄美〜西・東日本は広く正偏差で、暖かい空気に覆われやすかった。北日本は、正/負偏差の境界付近だった。

月平均500hPa高度・偏差分布図 月平均850hPa気温・偏差分布図
月平均500hPa高度・偏差分布図 月平均850hPa気温・偏差分布図
月平均海面更正気圧・偏差分布図 月平均外向き長波放射量(OLR)偏差分布図
月平均海面更正気圧・偏差分布図 月平均外向き長波放射量・偏差分布図

記録と台風

  • 月平均気温の高い記録
  • 南大東島

  • 月降水量の多い記録
  • 三宅島

  • 月降水量の少ない記録
  • 父島

  • 月間日照時間の少ない記録
  • 三島 石廊崎 清水 四日市 津山 山口

  • 降雪の深さ月合計値の多い記録
  • 浦河

  • 月最深積雪の大きい記録
  • 福島*(*はタイ記録)

  • 台風の発生
  • なし

    このページのトップへ