キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

日本の月の天候 ------------------ 対象期間:

2018年(平成30年)9月の特徴

○東・西日本では、日照時間がかなり少なく、降水量はかなり多かった。

東・西日本では、秋雨前線が停滞しやすく、曇りや雨の日が多かったため、日照時間はかなり少なかった。また、日本の南で高気圧が強く、湿った空気が流れ込みやすかったほか、台風第21号や第24号の影響を受けたため、降水量もかなり多かった。

○台風第21号と第24号により、広い範囲で暴風や大雨となった。

4日に台風第21号が徳島県に上陸し、東・西日本で暴風や高潮、大雨による被害が発生した。また、台風第24号は、29日に沖縄・奄美に接近、30日に和歌山県に上陸して、東日本を通過したため、広い範囲で暴風や大雨による被害が発生した。

○沖縄・奄美では、気温がかなり高かった。

沖縄・奄美では、中旬を中心に高気圧に覆われて晴れたほか、南から暖かい空気が流れ込む時期もあったため、気温はかなり高かった。

概況

地域平均気温経過図

地域平均気温平年偏差の5日移動平均時系列図

東・西日本では、月を通して秋雨前線が停滞しやすく、曇りや雨の日が多かったため、日照時間はかなり少なかった。また、日本の南で高気圧が強く、前線に向かって南から湿った空気が流れ込みやすかったほか、上旬には台風第21号、下旬には第24号の影響を受けたため、降水量もかなり多かった。北日本では、上旬と下旬は前線や低気圧の影響を受けやすかったが、中旬は移動性高気圧に覆われて晴れた日が続き、特に北海道地方では、湿った空気も流れ込みにくかったため、月降水量はかなり少なかった。沖縄・奄美でも湿った空気の影響を受ける時期があり、下旬は台風第24号の影響で大雨となった所があったが、中旬は日本の南に位置する高気圧に覆われ、晴れた日が多かった。

4日には台風第21号が徳島県に上陸し、東・西日本で大雨となったほか、近畿地方を中心に暴風や高潮による被害が発生した。また、29日には台風第24号が沖縄・奄美に接近、30日に和歌山県に上陸し、強い勢力で東日本を通過したため、広い範囲で暴風や大雨となり、被害も発生した。

気温は、北日本では暖かい空気に覆われる日が多く高かったが、東・西日本では、大陸から寒気が南下する時期と、日本の南から暖かい空気が流れ込む時期があり、平年並だった。沖縄・奄美では、中旬を中心に高気圧に覆われ晴れたほか、南から暖かい空気が流れ込む時期もあったため、かなり高かった。

平均気温:沖縄・奄美ではかなり高く、北日本で高かった。東・西日本は平年並だった。

降水量:東・西日本ではかなり多く、沖縄・奄美で多かった。一方、北日本では少なかった。

日照時間:東・西日本ではかなり少なかった。北日本と沖縄・奄美では平年並だった。

月TRS分布図 旬別RS経過図
月平均気温平年偏差、月降水量平年比、月間日照時間平年比の分布図 地域平均旬降水量平年比、旬間日照時間平年比の経過図

天候経過


    上旬

     北・東・西日本では、台風第21号や低気圧、秋雨前線の影響で、曇りや雨の日が多かった。4日には台風第21号が徳島県に上陸し、東・西日本で大雨となった所があったほか、近畿地方を中心に記録的な暴風となり、沿岸では高潮による被害も発生した。期間の後半は、秋雨前線が本州付近に停滞し、前線に向かって南から湿った空気が流れ込んだため、東・西日本を中心に大雨となった。沖縄・奄美では、高気圧に覆われて晴れた日もあったが、湿った空気や熱帯低気圧の影響を受けやすかったため、降水量は多かった。気温は、期間の中頃は、北日本を中心に暖かい空気が流れ込んだが、期間の終わりには、大陸から日本付近に寒気が流れ込んだため、西日本で低くなった。

     旬平均気温:西日本で低かった。北・東日本と沖縄・奄美では平年並だった。

     旬降水量:東・西日本でかなり多く、沖縄・奄美で多かった。北日本では平年並だった。

     旬間日照時間:東日本太平洋側でかなり少なく、北・西日本と東日本日本海側で少なかった。沖縄・奄美では平年並だった。


    中旬

     北日本は移動性高気圧に覆われやすく、北海道地方を中心に晴れた日が続いた。北日本日本海側の日照時間は平年比で153%となり、統計を開始した1961年以降で1位の多照となった。また、北日本太平洋側の降水量は平年比で11%と、1961年以降で1位の少雨となった。一方、東・西日本では、天気は数日の周期で変化したが、前線や湿った空気の影響を受けやすかったため、西日本と東日本太平洋側では曇りや雨の日が多かった。20日は西日本付近に停滞した秋雨前線に南から湿った空気が流れ込んだため、広い範囲で雨となり、九州北部地方では大雨となった所があった。北・東・西日本の気温は、期間のはじめと終わりに大陸の寒気が南下して平年を下回った一方、期間の中頃は南から暖かい空気が流れ込んで平年を上回った。沖縄・奄美では、期間の前半は湿った空気の影響を受ける日もあったが、後半になると高気圧に覆われ、晴れて気温も上昇した。

     旬平均気温:沖縄・奄美でかなり高かった。北・東・西日本では平年並だった。

     旬降水量:北日本でかなり少なく、沖縄・奄美で少なかった。一方、西日本日本海側では多かった。東日本と西日本太平洋側では平年並だった。

     旬間日照時間:北日本と沖縄・奄美でかなり多かった。一方、東日本太平洋側と西日本で少なかった。東日本日本海側では平年並だった。


    下旬

     北・東・西日本では、天気は数日の周期で変化したが、秋雨前線や低気圧、台風第24号の影響で、曇りや雨の日が多かった。沖縄・奄美でも、期間のはじめは高気圧に覆われて晴れたが、その後は前線や台風第24号の影響を受けたため、曇りや雨の日が多かった。台風第24号は、29日に沖縄・奄美に接近、30日に和歌山県に上陸し、東日本を強い勢力で通過したため、東・西日本や沖縄・奄美の広い範囲で大雨となったほか、記録的な暴風となった所もあり、被害が発生した。気温は、南から暖かい空気が流れ込みやすかったため、北日本と沖縄・奄美では高かったが、本州付近には期間の後半に寒気が流れ込んだため、東・西日本では平年並だった。

     旬平均気温:北日本と沖縄・奄美で高かった。東・西日本では平年並だった。

     旬降水量:東・西日本太平洋側でかなり多く、北日本太平洋側と東・西日本日本海側、沖縄・奄美で多かった。北日本日本海側では平年並だった。

     旬間日照時間:北日本日本海側と西日本太平洋側でかなり少なく、北日本太平洋側と東日本、西日本日本海側、沖縄・奄美で少なかった。

極東循環場の特徴

      500hPa天気図:中国東北区付近で偏西風が南に蛇行し、日本海付近に寒気が南下した一方、日本の南では亜熱帯高気圧の勢力が強く、南から暖かく湿った空気が流れこみやすかったため、東・西日本では秋雨前線の活動が活発だった。

      海面気圧と外向き長波放射量平年偏差:海面気圧は、本州南東海上では正偏差となり高気圧の勢力が強く、本州付近には南から湿った空気が流れ込みやすかった。一方、沖縄・奄美から西日本にかけては低圧部で負偏差となっており、これらの領域では台風や前線の影響を受けやすかったことに対応している。外向き長波放射量平年偏差は、太平洋西部の熱帯域で負偏差となり、対流活動が活発だった。また、本州付近にも負偏差域がみられ、秋雨前線の活動が活発だったことに対応している。

      850hPa気温:華北から日本海にかけて負偏差となる一方、沖縄・奄美付近や日本の南では正偏差となり、本州付近では平年からの隔たりは小さかった。

月平均500hPa高度・偏差分布図 月平均850hPa気温・偏差分布図
月平均500hPa高度・偏差分布図 月平均850hPa気温・偏差分布図
月平均海面更正気圧・偏差分布図 月平均外向き長波放射量(OLR)偏差分布図
月平均海面更正気圧・偏差分布図 月平均外向き長波放射量・偏差分布図

記録と台風

  • 月平均気温の高い記録
  • 父島

  • 月降水量の多い記録
  • 富山 高山 境 米子 鳥取 潮岬 松山

  • 月降水量の少ない記録
  • 雄武 留萌 旭川 網走 岩見沢 紋別

  • 月間日照時間の少ない記録
  • 舞鶴 京都 大阪 奈良

  • 台風の発生(速報値、日本時間)
  • 第22号(7日) 第23号(11日) 第24号(21日) 第25号(29日)

  • 台風の接近(速報値)
  • 第21号(沖縄地方、奄美地方、九州南部、九州北部地方、四国地方、中国地方、近畿地方、東海地方、関東甲信地方、北陸地方、東北地方、北海道地方) 第24号(沖縄地方、奄美地方、九州南部、九州北部地方、四国地方、中国地方、近畿地方、東海地方、伊豆諸島・小笠原諸島、関東甲信地方、北陸地方)

  • 台風の上陸(速報値、日本時間)
  • 第21号(徳島県南部4日、兵庫県神戸市付近4日=再上陸) 第24号(和歌山県田辺市付近30日)

    このページのトップへ