キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

気候系監視速報 ~気候系の診断情報~

 気象庁では、世界各地で起こった異常気象、それをもたらしたと考えられる大気大循環、海洋の状態等気候系を監視しています。これらの監視結果に基づき、月々の気候系の特徴をとりまとめた「気候系監視速報」を作成しています。
 なお、年間の異常気象・天候や気候系の特徴に関する総合的な情報は「気候系監視年報」をご覧ください。

気候系の特徴(2016年8月)

  • 世界の月平均気温偏差は、1891年の統計開始以来、2番目に高い値となった。
  • ラニーニャ現象が発生しているとみられる(エルニーニョ監視速報No.288参照)。
  • 対流圏下層では、日本の南東海上で低気圧性循環が明瞭となりモンスーントラフが日本の南まで深まった。
  • 月平均500hPa高度は、西シベリア、カムチャツカ半島付近で正偏差が明瞭となった。
  • 北日本では、台風が相次いで接近・上陸し、前線や湿った気流の影響も加わり月降水量がかなり多かった。

気候系監視速報


<詳細情報>

<過去分:2007年3月~2016年7月>

2014年1月号まではJRA-25/JCDASによる大気循環場データを利用しています。


関連情報

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ