キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

南極の気象(2010年3月)


1.概 況

    昭和基地は周期的に低気圧の影響を受け、5日から6日、14日から15日、28日から29日はそれぞれB級ブリザードとなった。低気圧が通過した後は内陸の高気圧に覆われる日が多かったため、日照時間の合計が多いほうから7位となった。

  ブリザード、カタバ風‥‥用語解説


2.旬別の天候経過

上旬:
低気圧が接近した5日~6日はふぶきとなった。6日は午後には天気が回復し、低気圧が北から暖かい空気をもたらしたため、最高気温が0.7度まで上がった。9日以降は内陸の高気圧に覆われ晴れの日が続いたが、気温は低下した。
中旬:
13日までは上旬に引き続き高気圧に覆われ、晴れの日が続いた。14日から15日は低気圧の影響を受けふぶきとなったが、16日以降は再び高気圧に覆われ、晴れの日が続いた。
下旬:
21日は晴れたが、22日以降は昭和基地の北西海上の低気圧の影響が強まり、曇りや雪の日が多かった。低気圧が最も接近した28日から29日はふぶきとなった。


3.気温、風向風速等の気候統計値

気温、風向風速等の気候統計値
平均気温-7.0℃平均湿度65%
最高気温0.7℃(6日)平均雲量7.7
最低気温-17.0℃(21日)日照時間145.3h(37%)
平均風速6.7m/s全天日射量7.7MJ/㎡
最多風向ENE雪日数15日
最大風速25.3m/s(ENE 29日)霧日数0日
最大瞬間風速31.1m/s(ENE 29日)平均気圧(海面)987.7hPa


4.日平均気温と日平均風速の推移および月平均気温の累年値

日平均気温と日平均風速の推移

日平均気温と日平均風速の推移

月平均気温の累年値

月平均気温の累年値



5.大気の流れ



南半球月平均500hPa高度および平年偏差

南半球月平均500hPa高度および平年偏差
等値線は500hPa高度を表し、間隔は60m。陰影域は平年偏差を表す。平年値は1979-2004年の期間の平均値。



6.南極昭和基地上空のオゾン層と紫外線の状況について



このページのトップへ