火山体・火山地形に関する用語

火山体・火山地形に関する用語
分類 用語 区分 説明

火山
火山活動によって生じた特徴的な地形および構造のこと。一般的には、火山噴出物の堆積によって生じた地形的高まり(火山体)をいうが、噴火によって凹んだ地形もある。
備考
  • 火山名は、「日本活火山総覧(第4版)」(2013年)にしたがう。原則として、国土地理院発行の地図にある自然地名(山や島の名)を用いるが、地元での呼称も参考にしている。
  • 火山名(英語)は、国土地理院発行の「日本の山岳標高一覧 -1003山- (平成14年4月発行、国土地理院ホームページ上に随時更新情報(内容)を記載」及び海上保安庁による「日本周辺海域火山通覧(第4版)」での呼称を参考にしている。また、火山名(英語)は、米国スミソニアン博物館のGlobal Volcanism Programに登録されている。
  • 火山の緯度・経度・標高(水深)は、「日本活火山総覧(第4版)」(2013年)にしたがう。一部の火山では、標高が「日本活火山総覧(第4版)」(2013年)以降に改定されている。

活火山かつかざん
概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山(火山噴火予知連絡会によって2003年1月に定義)のこと。
日本には111の活火山がある。
活火山の説明」参照

火口かこう
地下のマグマや火山ガスが地表に放出される場所で、ふつう円形に近いくぼみ状の地形のこと。「噴火口」ともいう。
備考
  1. 既存の火口名がある場合は、それにしたがう。山頂に主要な火口があるときは、「山頂火口」を使用する。また、地名が存在し、地名を用いるほうが分かりやすい場合は「地名+火口」としている。
  2. いつ生じた火口かを明瞭に区別する場合は、西暦の下2桁と通し番号で名称を定めている。多数の火口が形成された場合には、主要な火口については英字(アルファベット)を、副次的な火口については数字(番号)を付している。
  3. 気象庁では、以下の理由の場合に新たに火口の名称を定めている。
    1. 山体表面に新たに火口が形成された場合
    2. 新たな火口が活動して、既存の火口と異なることが明瞭になった場合
    3. 防災上必要になった場合
  4. 火口内で水蒸気や火山ガスを噴出している孔を呼ぶ場合、「噴気孔」を使用する。
用例 「桜島南岳山頂火口」、「吾妻山大穴火口」、「富士山宝永火口」、「御嶽山79-4火口」、「樽前山A火口」

火口からの距離
火口の中心からの水平距離を指す。
一部の火山では、想定火口域の中心からの水平距離を指す。想定火口域の縁からの水平距離を示す場合は、文章の中で「想定火口縁からの距離」である旨を説明して使用する。
地形的な火口の外縁からの水平距離で表現する場合には、文章の中で「火口縁からの距離」である旨を説明して使用する。
用例
  • 火口から概ね2kmの範囲では、火砕流に警戒してください。
  • 想定火口縁から概ね1kmの範囲では、火砕流に警戒してください。
  • 火砕流が火口縁から西側へ約400m流下しました。

火口列かこうれつ
複数の火口が直線的に配列しているもの。火口の配列方向は応力場を反映していると考えられる。
備考 既存の火口列名がある場合は、それにしたがう。
用例 伊豆大島:1986年B火口列(カルデラ床)、C火口列(外輪山北北西斜面)

火孔かこう
火口内に新たにできた更に小さな火口のこと。
備考
  1. 読み上げ時に「火口」と間違えやすいため極力使用しない。使用する場合は、単独では使用せず、「○○火口内の○○火孔」と呼ぶ。
  2. 火口内で水蒸気や火山ガスを噴出している孔を呼ぶ場合、「噴気孔」を使用する。
  3. 既存の火孔名がある場合は、それにしたがう。
  4. いつ生じた火孔かを明瞭に区別する場合は、西暦の下2桁と通し番号を用いて名称を定めている。
  5. 火山活動に伴い、火孔の位置が変わったり、同時に複数個の火孔が開口することがある。
用例 阿蘇山:中岳第一火口内の141火孔
実例
火孔
中岳第一火口内の141火孔(阿蘇山)

噴気孔
火山ガス(噴気)が噴出する孔のこと。
備考
  1. 既存の噴気孔名がある場合は、それにしたがう。
  2. いつ生じた噴気孔かを明瞭に区別する場合は、西暦の下2桁と通し番号を用いて名称を定めている。
  3. 火口内で水蒸気や火山ガスを噴出している孔を呼ぶ場合、「噴気孔」を使用する。
  4. 噴気孔から噴火が発生した場合は火口とする。
  5. 気象庁では、以下の理由の場合に新たに噴気孔の名称を定めている。
    1. 火口内に水蒸気や火山ガスを噴出する孔が新たに形成された場合
    2. 小規模であった噴気孔が成長し、従来からの噴気孔と異なることが明瞭になった場合
    3. 防災上必要になった場合
用例 樽前山:B噴気孔群、箱根山:15-2噴気孔

噴気地帯
噴気孔が分布する領域のこと。
実例
噴気地帯
噴気地帯の例(箱根山早雲山)

カルデラ
火山活動によって形成された概ね直径2km以上の凹地形のこと。
短時間にマグマが噴出または側方に移動することで、マグマだまりの上盤が沈降または崩落することで形成される。
例として、阿蘇カルデラや姶良カルデラがある。

マグマだまり
火山の地下でマグマがたまっている場所のこと。

溶岩ドーム
高粘性の溶岩が火口上に盛り上がり形成された火山地形のこと。「溶岩円頂丘」ともいう。
実例
溶岩ドーム
溶岩ドームの例(雲仙岳 平成新山)

このページのトップへ