平成24年3月14日(18時08分)の三陸沖の地震で発表した津波注意報について

地震の概要

平成24年(2012年)3月14日18時8分、三陸沖の深さ64kmでM6.9の地震が発生した。発震機構(気象庁CMT解)は南北方向に張力軸を持つ正断層型であった。(地震の詳細は、平成24年3月地震・火山月報(防災編)を参照)

震源要素
震源時刻(日本時間) 震央地名 緯度 経度 深さ Mw
2012年3月14日 18時08分 三陸沖 北緯40度46.5分 東経145度13.6分 64km 6.9 6.9

震央分布図
今回の地震の震央分布図
1997年10月1日~2012年3月31日の期間に発生した、M≧3.0、深さ0~120kmの地震を表示している。2012年3月1日以降の地震を濃く表示している。発震機構はCMT解。

発表した津波注意報の概要

この地震に対して発表した津波注意報は、以下のとおりである。

発表時刻 概要 発表予報区
3月14日 18時12分 津波注意報発表

青森県太平洋沿岸、岩手県
津波注意報発表予報区(地図、png形式)
18時35分 津波注意報発表

北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、青森県太平洋沿岸、岩手県
津波注意報発表予報区(地図、png形式)
19時40分 津波注意報解除 全ての予報区
津波注意報の発表で、黒文字は「津波注意報」のグレードであることを示す。

津波の観測

各予報区において予測した津波の高さと、観測した津波の高さ
津波予報区 予測(津波の高さ) 予報区内で観測した津波の高さの最大
北海道太平洋沿岸東部 津波注意報(0.5m) 9cm
北海道太平洋沿岸中部 津波注意報(0.5m) 0.2m※1
北海道太平洋沿岸西部 若干の海面変動 5cm
青森県太平洋沿岸 津波注意報(0.5m) 21cm
岩手県 津波注意報(0.5m) 5cm
宮城県 若干の海面変動 観測されず
福島県 若干の海面変動 観測されず
茨城県 若干の海面変動 観測されず
千葉県九十九里・外房 若干の海面変動 観測されず
黄は「津波注意報」のグレードであることを示す。
表中の観測値は速報値であり、後日変更される場合がある。
※1 巨大津波観測計で観測されたため、観測単位は0.1m単位

詳細は、下記資料をご覧下さい。

日本国内の検潮所で観測した津波の最大の高さの分布図
日本国内の検潮所で観測した津波の最大の高さ

日本国内の主な検潮所の潮位記録
日本国内の主な検潮所で観測した津波
港)は国土交通省港湾局の観測点であることを示す。

津波予測の評価

今回の発表した津波注意報の範囲は、第一報では、地震観測に基づくもので行ったため、東北地方太平洋沿岸のみであった。その後、発震機構解析による断層の向き(走行)や、釧路沖に設置している海底津波計(独立法人海洋研究開発機構)での記録を考慮し、津波注意報の範囲を北海道太平洋沿岸へと拡大した。 第一報での津波の高さの予測が、北海道沿岸より。東北地方沿岸の方が大きかったのは、津波予測を行う際に使用する津波データベース(津波を予測する仕組み)の走行の向きが異なっているためと考えられる。


釧路沖のケーブル式海底水圧計の波形
釧路沖のケーブル式海底水圧計(独立法人海洋研究開発機構)の波形

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ

本ページ内の図の作成にはGMT(Generic Mapping Tool[Wessel,P., and W.H.F.Smith, New, improved version of Generic Mapping Tools released, EOS Trans. Amer. Geophys. U., vol.79 (47), pp.579, 1998]) を使用しています。