強震波形等の図の解説

以下のサンプルを例に表示されている内容を解説します。

波形表示の例

強震波形の図のサンプル

① 観測開始年月日時分秒を表します。横軸が時間軸で、「P」「S」は、標準的なP波、あるいはS波到達時間を示しています。
② 観測点名を表します。観測点名は観測日当時の名称を使用しています。
③ 加速度波形表示です。縦軸はNS(北-南)、EW(東-西)、UD(上-下)方向の振れ幅で、先に書いた方が上側です。3成分とも同じ縮尺を用いています。
④ 速度波形表示です。速度の算出は漸化式によって算出しています。その他は、③の表示と同じです。
⑤ 変位波形表示です。変位の算出は漸化式によって算出しています。その他は、③の表示と同じです。
⑥ 加速度波形5秒ごとに算出した計測震度(参考値)で、実際の震度算出方法とは異なります。地震情報で発表される震度は、通常、地震動を観測してから60秒間の時間幅の加速度波形を用いて計算されます。ここで示した計測震度(参考値)は、60秒間の時間幅で計算した値と0.1程度の違いがありますので、ご注意下さい。
⑦ 加速度波形のフーリエスペクトルです。横軸は周期(秒)、縦軸はスペクトルの強さ(単位はgal・sec)で、縦軸・横軸とも対数表示です。また、0.4Hzのバンド幅で平滑化を行っています。NS、EW、UD3成分それぞれについて表示しています。
⑧ 相対速度応答スペクトルです。横軸は周期(秒)、縦軸は相対速度応答値(単位はcm/sec)で、縦軸・横軸とも対数表示です。NS、EW、UD3成分それぞれと水平合成について表示しています。減衰率(h)は5%としています。