キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

地震情報について

平成30年3月22日より、気象庁ホームページでは「震源・震度に関する情報」及び「各地の震度に関する情報」について、どちらかの発表基準に達した場合に両方の情報を掲載するよう変更しました。

地震発生後、新しいデータが入るにしたがって、順次以下のような情報を発表しています。
PDFファイルのダウンロード(122KB)



情報の種類 発表基準 内    容
震度速報
  • 震度3以上
地震発生約1分半後に、震度3以上を観測した地域名(全国を188地域に区分)と地震の揺れの検知時刻を速報。
震源に関する情報
  • 震度3以上

  • (津波警報または注意報を発表した場合は発表しない)
「津波の心配がない」または「若干の海面変動があるかもしれないが被害の心配はない」旨を付加して、地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)を発表。
震源・震度に関する情報*1 以下のいずれかを満たした場合
  • 震度3以上*2
  • 津波警報・注意報発表または若干の海面変動が予想される場合
  • 緊急地震速報(警報)を発表した場合
地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)、震度3以上の地域名と市町村毎の観測した震度を発表。
震度5弱以上と考えられる地域で、震度を入手していない地点がある場合は、その市町村名を発表。
各地の震度に関する情報*1
  • 震度1以上*2
震度1以上を観測した地点のほか、地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)を発表。
震度5弱以上と考えられる地域で、震度を入手していない地点がある場合は、その地点名を発表。
※ 地震が多数発生した場合には、震度3以上の地震についてのみ発表し、震度2以下の地震については、その発生回数を「その他の情報(地震回数に関する情報)」で発表します。
遠地地震に関する情報 国外で発生した地震について以下のいずれかを満たした場合等
  • マグニチュード7.0以上
  • 都市部など著しい被害が発生する可能性がある地域で規模の大きな地震を観測した場合
地震の発生時刻、発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)を概ね30分以内に発表。
日本や国外への津波の影響に関しても記述して発表。
その他の情報
  • 顕著な地震の震源要素を更新した場合や地震が多発した場合など
顕著な地震の震源要素更新のお知らせや地震が多発した場合の震度1以上を観測した地震回数情報等を発表。
推計震度分布図
  • 震度5弱以上
観測した各地の震度データをもとに、1km四方ごとに推計した震度(震度4以上)を図情報として発表。
  • *1 気象庁防災情報XMLフォーマット電文では、「震源・震度に関する情報」と「各地の震度に関する情報」はまとめた形の一つの情報で発表します。
  • *2 気象庁ホームページでは「震源・震度に関する情報」及び「各地の震度に関する情報」について、どちらかの発表基準に達した場合に両方の情報を発表しています。


津波警報・注意報、地震・津波情報の発表の流れ

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ