Airmass RGB

Airmass RGBは、ひまわり8号の観測バンドB08(6.2μm)とB10(7.3μm)の差分、B12(9.6μm)とB13(10.4μm)の差分、B08(6.2μm)の反転画像をそれぞれ赤色、緑色、青色に割り当て、RGB合成した画像です。このRGB合成画像は、気団の解析、ジェット気流の位置、上層トラフや上層渦、大気沈降域などの推定に用いられます。暖気側の温かい気団は緑系色、寒気側の冷たい気団は青紫系色、トラフ後面の大気沈降域は赤系色で表されます。また、このRGB画像は、赤外系のみの画像を用いて作成しているため、昼夜を通した24時間、同じ色合いでの解析が可能です。 このほか、観測バンドB08(6.2μm)とB10(7.3μm)の差分では、主に対流圏中上層の二酸化硫黄(SO2)が検知されることがあるため、火山性ガスを含む火山の噴煙の追跡にも利用されます。

画像例

画像の特徴

  • 気団の解析に利用できます。
  • ジェット気流の位置、上層トラフや上層渦、大気沈降域などの解析に利用できます。
  • 昼夜を通した24時間、同じ色合いでの解析が可能です。

レシピ(画像作成の設定)

利用するバンドの種類 バンド8 - バンド10 バンド12 - バンド13 バンド8 (反転)(
階調の設定 -25~0K -40~5K 243~208K
ガンマ値 1.0 1.0 1.0