衛星保守及び太陽・月などの観測画像への影響

衛星保守に伴う観測精度低下

軌道制御、アンローディング等の衛星保守時の領域観測は、衛星姿勢の変動に伴い観測精度が低下(観測位置にずれが発生)する場合があります。軌道制御等の直後のフルディスク・領域観測についても、観測精度が低下する可能性があります。 観測精度の低下した観測例を図1に示します。右の画像は、アンローディング中の観測であるため、海岸線と地図にずれが生じています。

なお、ひまわり標準データでは、ヘッダ部の #1 基本情報ブロック 品質フラグに、軌道制御及びアンローディングの情報が格納されています。 最新の観測運用計画は、「観測運用計画」をご覧ください。

アンローディング直前の観測
アンローディング直前の観測
(2015年8月5日02時37分30秒観測開始)
アンローディング中の観測
アンローディング中の観測
(2015年8月5日02時40分00秒観測開始)

春分期・秋分期の太陽自動回避による画像欠損

春分期・秋分期の真夜中前後には、太陽自動回避機能により観測の一部をスキップし、該当箇所を欠損データとして配信することがあります。 太陽自動回避の観測例を図2に示します。太陽自動回避により、画像に欠損が生じています。

ひまわり標準データでは、ヘッダ部の「#1 基本情報ブロック 品質フラグ」に、太陽の影響による品質低下(太陽回避、迷光など)の可能性の情報が格納されています。 太陽自動回避の予定時刻及び範囲は、「太陽自動回避の予測情報」をご覧ください。

太陽自動回避の観測例(フルディスク観測)
太陽自動回避の観測例(フルディスク観測)
2015年4月1日15時20分観測開始のバンド13
太陽自動回避の観測例(フルディスク観測)
太陽自動回避の観測例(フルディスク観測)
2016年10月12日14時10分観測開始のバンド13
太陽自動回避の観測例(機動観測)
太陽自動回避の観測例(機動観測)
2015年4月11日14時30分観測開始のバンド13
太陽自動回避の観測例(機動観測)
太陽自動回避の観測例(機動観測)
2015年4月14日14時40分観測開始のバンド13
太陽自動回避の観測例(フルディスク観測)
太陽自動回避の観測例(フルディスク観測)
2018年10月13日14時10分観測開始のバンド13

春分期・秋分期の太陽迷光の画像への影響

春分期・秋分期の真夜中前後に、太陽迷光が発生することがあります。太陽迷光については、春分期・秋分期の観測について(太陽自動回避及び太陽迷光)をご覧ください。 太陽迷光の観測例を図3に示します。夜間の可視カラー合成画像に太陽迷光による光が映り込んでいます。また、太陽自動回避により画像に欠損が生じています。一方、赤外バンドであるバンド7では、太陽光が映り込むことで、画像に黒い(輝度温度の高い)領域が発生しています。

ひまわり標準データでは、ヘッダ部の #1 基本情報ブロック 品質フラグに、太陽の影響による品質低下(太陽回避、迷光など)の可能性の情報が格納されています。

太陽迷光の観測例(フルディスク観測)
太陽迷光の観測例(フルディスク観測)
2015年4月13日14時30分観測開始のフルディスク観測のカラー合成画像
太陽迷光の観測例(フルディスク観測)
太陽迷光の観測例(フルディスク観測)
2015年2月10日14時50分観測開始のフルディスク観測のバンド7
太陽迷光の観測例(日本域観測)
太陽迷光の観測例(日本域観測)
2015年4月13日14時30分観測開始の日本域観測のカラー合成画像
太陽迷光の観測例(日本域観測)
太陽迷光の観測例(日本域観測)
2015年2月10日14時50分観測開始の日本域観測のバンド7

月の影響による画像品質低下

地球、ひまわり、月の位置関係により、可視赤外放射計に月の光が入り込むことがあります。 この場合、月の光により校正処理に影響が出るため、画像の品質が低下することがあります。 図4に月の影響による画像品質低下の観測例を示します。画像中央に横縞が見えます。

ひまわり標準データでは、ヘッダ部の「#1 基本情報ブロック 品質フラグ」に、月の影響による品質低下の可能性の情報が格納されています。

月の影響による画像品質低下の観測例
月の影響による画像品質低下の観測例
2015年6月22日 19時00分(UTC)観測開始のバンド11

ストライプ(縞模様)

可視赤外放射計の検出素子ごとの感度のバラつきの影響により、画像に縞模様がでることがあります。 図5に縞模様の観測例を示します。画像中央に横縞が見えます。

画像の縞模様の観測例の観測例
画像の縞模様の観測例の観測例
2015年6月23日 04時00分(UTC)観測開始のバンド2