海洋気象観測船による海洋・海上気象観測資料

日本近海及び北西太平洋の海域において、気象庁の2隻の海洋気象観測船(凌風丸・啓風丸)が海洋・海上気象観測及び温室効果ガスや海洋汚染物質の観測を実施しています。観測方法及びデータファイルの種類・フォーマットについては「観測方法及びデータ・フォーマットについて」のページを参照ください。

お知らせ

観測データ

 年を選び、「選択ボタン」を押してください。
年  

季節名にカーソルを合わせると文字の背景が赤色になり測線図(左)のみ切り替わります。 クリックするとその季節の測線図と表(右)が選択され、文字の背景が水色になります。

冬季      春季      夏季     

季節別観測点図

[観測船名]の欄にマウスカーソルを合わせると、その航海の航路図のみが左図に現れます。クリックすると詳細ページに移動します。

2019年 冬季

観測船名航海次数観測海域開始年月日終了年月日
啓風丸1901本州南方・東シナ海2019/01/082019/01/23
啓風丸1902北西太平洋2019/02/072019/03/20
凌風丸1901北西太平洋2019/01/102019/02/23
凌風丸1902本州東方2019/02/282019/03/26


このページのトップへ