港湾気象サービス

船舶から寄せられる気象や海洋の観測データは、気象予報・警報の充実や気象サービスの向上に役立てられています。 国連の専門機関の一つである世界気象機関(WMO)は、船舶から送られてくる、この貴重なデータの品質を保つために、加盟各国に観測や通報について船舶への支援を求めています。 日本でも、気象庁がこの要請をうけて、必要な観測指針や通報の手引き等の提供や船舶の気圧計等気象測器の点検を行っています。

気象庁では、気象・海洋情報提供サービスの充実をはかるために、種々の努力を行っていますが何といっても海は広大です。 どうしても船舶による観測が必要です。 船舶から寄せられる気象や海洋の観測データは毎日の天気予報だけでなく、異常気象や気候変動の解明にも役立てられています。 船舶の観測データは人類の未来を支える貴重なものです。どうかご協力をよろしくお願い致します。

気圧計点検依頼先

Eメール


港湾気象サービス全般についてのお問い合わせは下記までお願い致します。
気象庁大気海洋部環境・海洋気象課
〒105-8431 東京都港区虎ノ門3-6-9
TEL 03-6758-3900 (内線4661)

このページのトップへ