キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

三宅島噴火の歴史

1643年以降に発生した噴火における主な溶岩流および噴火地形
1643年以降に発生した噴火における主な溶岩流および噴火地形(矢印は溶岩流の流下を示す)。 津久井ほか(2001)を参考に作成 (気象庁技術報告第128号(2006)より引用)

三宅島では、有史以来たびたび噴火災害が発生しており、記録が残されています。

20世紀以降においても1940年(昭和15年)、1962年(昭和37年)、1983年(昭和58年)、2000年(平成12年)と4回の噴火が発生しています。

また、現在も、三宅島では年に数回程度、ごく小規模な噴火が発生しています。2005年以降の噴火の記録はこちらを参照ください。


西暦年号活動の内容活動期間
1085年応徳2年噴火
1154年久寿元年噴火
1469年文明元年噴火
1535年天文4年噴火
1595年文録4年噴火
1643年寛永20年溶岩は海中へ約1km流出。阿古村(現在の位置とは異なる)は全村焼失。旧坪田村は風下のため火山灰、焼石が多数降り、人家、畑を埋めた。約3週間
1712年正徳元年山麓(?)で噴火、溶岩が海中にまで流出。阿古村では泥水の噴出で多くの家屋埋没。牛馬死亡。約2週間
1763年宝暦13年雄山山頂噴火、阿古村薄木でも噴火。約6年間
1811年文化8年北側山腹噴火。約1週間
1835年天保6年西山腹の笠地付近で噴火、噴石、溶岩流。約10日間
1874年明治7年神着村南方の山中で噴火。溶岩は北方に流れ海に5000m2の新しい陸地をつくる。人家45戸が溶岩に埋没。死者1名。約2週間
1940年昭和15年7月12日北東山腹より噴火、溶岩流出。14日から山頂噴火。多量の火山灰、火山弾放出。死者11名、負傷20名、牛の被害35頭、全壊・焼失家屋24棟、その他被害大。...詳細約25日間
1962年昭和37年8月24日北東山腹の海抜200~400m付近から噴火。多数の火孔から溶岩を海中にまで流出。噴火は30時間で終了したが、噴火中から有感地震頻発。焼失家屋5棟、山林耕地等に被害。...詳細約30時間
1983年昭和58年10月3日南西山腹に生じた割れ目から噴火。溶岩噴泉、溶岩流。島の南部でマグマ水蒸気爆発が発生し、多量の岩塊が周辺に落下。溶岩流で阿古地区の住宅の埋没・焼失約400棟。山林耕地等にも被害。総噴出量2000万トン。...詳細約15時間
2000年平成12年6月26日から地震活動が始まり、27日に西方沖で海底噴火を確認。7月8日雄山山頂で噴火が始まり、7月14~15日、8月10、13、14、18、29日に噴火。山頂カルデラ内に直径約1.6km、深さ約450mの陥没孔が出現。降灰、噴石はあるが溶岩は噴出せず。低温の火砕流発生。火山灰多量。火山性ガスの噴出は1日あたり数万トンに及ぶ。全島民約3,800人が4年5か月の間島外避難。火山活動は継続中。...詳細継続中

参考文献

津久井雅志・新堀賢志・川辺禎久・鈴木裕一(2001):三宅島火山の形成史. 地学雑誌, 110(2), 156-167.

関連ページ

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ