キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

火山ガス(二酸化硫黄)の放出量

火山ガス(二酸化硫黄)の観測について

 火口から放出される火山ガスには、マグマに溶けていた水蒸気(水)や二酸化硫黄、硫化水素など様々な成分が含まれています。
 これらのうち、二酸化硫黄はマグマが浅部へ上昇するとその放出量が増加します。
 気象庁では、小型紫外線スペクトロメータ(COMPUSS)という装置を用いて二酸化硫黄の放出量を観測し、火山活動の評価に活用しています。
 この装置は二酸化硫黄が太陽散乱光のうち、特定波長の紫外線を吸収する性質を利用して観測しています。
 下図のようにガスのセンサーを取り付けた車で往復したり、センサー動かしてガスを輪切りにするようにして観測します。これを複数回繰り返して平均をとります。

火山ガス観測装置  車での観測

トラバース観測のイメージ  パンニング観測のイメージ


このページのトップへ