火山名  御嶽山  火山の状況に関する解説情報  第45号
平成26年10月2日09時00分  気象庁地震火山部

**(本  文)**
<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>

1.火山活動の状況
 御嶽山では、噴火が継続しています。

 9月27日11時41分頃から発生している火山性微動の振幅が29日1
9時20分頃からやや大きくなり、その後増減をくり返し継続しています。
昨日(1日)0時頃から振幅が徐々に小さくなり、13時頃からは29日1
9時20分以前の状態に戻っています。
 噴煙の高さは、08時50分現在、山頂付近に雲がかかり不明ですが、火
山性微動が継続していることから噴火が継続していると推測されます。
 傾斜計などの観測データに特段の変化はみられません。
  
 27日11時から2日08時までの火山性地震の回数(速報値)は以下の
とおりです。いずれも体に感じない程度の微小な火山性地震です。

                     火山性地震
  9月27日 11時から24時      423回
  9月28日 00時から24時      131回
  9月29日 00時から24時       53回
  9月30日 00時から24時       56回
  10月1日 00時から24時       36回
  10月2日 00時から01時        1回
  10月2日 01時から02時        0回
  10月2日 02時から03時        0回
  10月2日 03時から04時        0回
  10月2日 04時から05時        1回
  10月2日 05時から06時        3回
  10月2日 06時から07時        1回
  10月2日 07時から08時        2回

2.防災上の警戒事項等
 御嶽山では、火口から4キロメートル程度の範囲では大きな噴石の飛散や
火砕流に警戒してください。
 風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流さ
れて降るおそれがあるため注意してください。
 爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあ
るため注意してください。また、降雨時には土石流の可能性がありますので
注意してください。

 今後、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>