キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



降灰予報の説明

降灰予報とは

 火山噴火に伴い空から降ってくる火山灰(降灰)は、その量に応じて様々な被害をもたらします。 気象庁が平成20年より発表している降灰予報では、降灰の量に関する予測がお伝えできていませんでしたが、平成27年3月にスタートした新しい降灰予報では 量の予測を含めた予報として、噴火後に、どこに、どれだけの量の火山灰が降るかについて、詳細な情報をお伝えします。 また、活動が活発化している火山では、もしも今日、噴火が起こるとしたら、この範囲に降灰があります、という事前の情報も提供します。 さらに、噴火直後には、風に流される小さな噴石が降る範囲についても速報します。
 これら新しい降灰予報について理解を深めていただき、活発な火山周辺での防災対応や、住民の皆さまの生活情報へと活かしていただけるようよろしくお願いします。


情報発表の流れ

① 降灰予報(定時)

  • 噴火警報発表中の火山で、人々の生活に影響を及ぼす降灰のおそれがある火山に対して発表します。
  • 噴火の発生に関わらず、火山の活動状況に応じて一定規模の噴火を仮定して定期的に発表します。
  • 18時間先(3時間区切り)までに噴火した場合に予想される、降灰範囲や小さな噴石の落下範囲を提供します。

② 降灰予報(速報)

  • 噴火の発生を通報する「噴火に関する火山観測報」を受けて発表します。
  • 降灰予報(定時)を発表中の火山では、「やや多量」以上の降灰が予測された場合に発表します。
  • 降灰予報(定時)が未発表の火山では、予測された降灰が「少量」のみであっても必要に応じて発表します。
  • 事前計算された降灰予報結果から適切なものを抽出することで、噴火後速やかに(5~10分程度で)発表します。
  • 噴火発生から1時間以内に予想される、降灰量分布や小さな噴石の落下範囲を提供します。

※ 降灰予測計算には時間がかかるため、噴火発生後に計算を開始したのでは、噴火後すぐに降り始める火山灰や小さな噴石への対応に間に合いません。
そこであらかじめ、噴火時刻や噴火規模(噴煙高)について複数のパターンで降灰予測計算を行い、計算結果を蓄積しておきます。

③ 降灰予報(詳細)

  • 噴火の観測情報(噴火時刻、噴煙高など)を用いて、より精度の高い降灰予測計算を行って発表します。
  • 降灰予報(定時)を発表中の火山では、「やや多量」以上の降灰が予測された場合に発表します。
  • 降灰予報(定時)が未発表の火山では、予測された降灰が「少量」のみであっても必要に応じて発表します。
  • 降灰予測計算結果に基づき、噴火後20~30分程度で発表します。
  • 噴火発生から6時間先まで(1時間ごと)に予想される降灰量分布や、降灰開始時刻を提供します。

情報発表の流れ(イメージ)



降灰量階級表

 降灰量の情報を、わかりやすく、防災対応が取りやすいように伝えるため、降灰量を階級で表現します。 降灰量を、降灰の厚さによって「多量」「やや多量」及び「少量」の3階級に区分し、降灰量階級表では、それぞれの階級における「降灰の状況」と「降灰の影響」及び「とるべき対応行動」を示します。

PDFダウンロード

降灰量階級表



情報の見方

 降灰予報の各情報の見方は以下のとおりです。

降灰予報(定時)

降灰予報(定時)図情報の見方

降灰予報(速報)

降灰予報(速報)図情報の見方

降灰予報(詳細)

降灰予報(詳細)図情報の見方



関連リンク


このページのトップへ