キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

火山活動の状況


火山

霧島山(新燃岳)の活動状況


平成28年7月30日00時45分更新



噴火警報・予報

平成25年10月22日18時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台発表

<霧島山(新燃岳)に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を
発表>
 新燃岳火口から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性
<噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引下げ>

火山活動の状況及び予報警報事項

 新燃岳では、GPS観測によると、新燃岳の北西地下深くのマグマだまり
への深部からのマグマの供給は停止し、新燃岳浅部の活動も低下し火山活動
は落ち着いた状態が続いています。
 しかし、火口内に溜まった溶岩は依然高温状態にあり、火口周辺に影響の
ある小規模な噴火が発生する可能性は残っていますので、火口から概ね1k
mの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

対象市町村等

 以下の市町村では、火口周辺で警戒をしてください。
宮崎県 :小林市
鹿児島県:霧島市

防災上の警戒事項等

 火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな
噴石に警戒してください。
 噴火時には、風下側で火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が風に流
されて降るおそれがあるため注意してください。
 降雨時には、泥流や土石流に注意してください。
 火口から1kmを超える範囲においても、これまでの噴火による火山灰な
どの堆積等により道路や登山道等が危険な状態となっている可能性があるの
で、引き続き地元地方公共団体等が行う立入規制に従ってください。

火山の状況に関する解説情報

平成28年2月26日16時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台発表

火山活動の状況

 新燃岳では、23日に火山性地震が増加し、158回発生しましたが、その後は次第に減少しています。火山性微動は観測されていません。

 傾斜計等の地殻変動観測データに特段の変化は認められません。
 
 遠望観測では、火口縁を越える噴煙は観測されていません。

 2月22日からの火山性地震、火山性微動の回数(速報値)は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

               火山性地震    火山性微動
   2月22日          0回       0回
     23日        158回       0回
     24日         52回       0回
     25日         11回       0回
     26日15時まで     2回       0回

防災上の警戒事項等

 新燃岳では火口周辺に影響のある小規模な噴火が発生する可能性がありますので、新燃岳火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
 噴火時には、風下側で火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
 降雨時には、泥流や土石流に注意してください。

最新の火山情報


霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベル



霧島山(新燃岳)の防災マップ



火山防災マップ等


過去の火山活動




Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ