キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

福徳岡ノ場[ふくとくおかのば] Fukutoku-Oka-no-Ba


北緯 24°17′05″ 東経 141°28′52″ 水深 -29m (山頂中央部)
福徳岡ノ場地図
福徳岡ノ場写真

福徳岡ノ場の噴火 上空から 1986年 1 月 21 日 海上保安庁撮影

福徳岡ノ場写真

変色水 北東側上空から 2011年 1 月 19 日 海上保安庁撮影



概要

 南硫黄島の北東約5km にある海底火山で、1904~1905 年、1914 年に火山島“新硫黄島”を出没させた。1986 年の噴火では長径600m、高さ15mの新島が生じたが、噴火終了後海食によって消滅。3 回の噴火で噴出した岩石(軽石)はいずれも粗面安山岩。噴出物のSiO2 量は48.3~52.6 wt.% である。この付近を漁業関係者は“福徳岡ノ場”と呼んでおり、しばしば海面変色が確認されている。



噴火活動史

 各火山について、地質学的な研究によってわかっている有史以降の火山活動を記載した。



「概要」、「有史以降の火山活動」については日本活火山総覧(第4版)(気象庁編、2013)及び最近の観測成果による。
なお、噴出物量については、降下火砕物、火砕流、火砕サージ、溶岩流、溶岩ドーム等を加えた重量(単位は「ton」)またはマグマ噴出量(DRE km3)で記載している。また、噴出物量が既知である場合については、産業技術総合研究所作成の活火山データベースから参照し、VEI(火山爆発指数)も付している。詳しくはこちらを参照のこと。



噴火警報・予報、火山の状況に関する解説情報



火山活動解説資料



このページのトップへ